『MVT賞』受賞水野慎士指導員へインタビュー

MVT賞は『Most valuable tutor』つまり「より多くの子どもたちになりうる最高の自分を目指す環境を提供する」という理念を体現し、最も多くの選手の指導に貢献した指導員に贈られる賞です。

賞を獲った感想を聞かせてください

2020年度もたくさんの子どもたちと出会うことができ、また多くのコーチ陣の協力を得て「MOST VALUABLE TUTOR賞」に選んで頂きました。
2020年度は新型コロナウィルスの影響で数ヶ月間スクールが開催できない時期もありました。
子どもたちにとってはバスケをやりたくてもやれない息苦しい日々が続きました。その分、スクールが再開できた時には本当に嬉しいそうにプレイする子どもたちの姿を見ることができました。
たくさんの子どもたちにこういった機会を提供するには多くのコーチの協力があってこそですので、このMVTは関わってくれたコーチ陣全員で受け取らせて頂きます。

より多くの子どもたちを満足させるために、普段のスクールやクラブで大切にしていることはありますか

昨年度も同じことを書かせて頂いたのですが、とにかく普段から参加してくれるコーチ陣の強みを生かすことに集中しています。
またそのコーチ陣がやりがいを感じながら練習に参加できるように各コーチの裁量を最大化することも気をかけています。
やはり何でも自分の決断と責任とともに活動ができた方が絶対に楽しいと思いますので。
もちろんスクール・クラブので主役は子どもたちなのですが、特に若いコーチたちにもより多くのスポットライトが当たるようにこれからもスクール運営をしていきたいと思います。

普段ご参加いただいているスクールやクラブ会員の選手、保護者の皆様にメッセージをお願いします

コロナ禍で様々なものが不安定な中、大切なお子さんを通わせて頂き本当にありがとうございます。
子どもたちの「バスケットが楽しい!」という想いにこれからも応えられるよう、コーチ陣で協力してより魅力的な環境を作って参りたいと思います。

今年度への抱負をお聞かせください

このMVTという賞は、日々の積み重ねの結果として頂けた賞です。
次なる一年も、毎日のスクール・クラブで子どもたちと向き合いながら彼ら、彼女らの成長に貢献していければと思います。
自分の好きなことばで「Make Each Day Your Masterpiece (毎日を最高傑作に)」という言葉があります。
子どもたちと出会う1日1日を最高傑作と感じてもらえるように日々を過ごしていきたいです。

TOY TOPへ

その他水野指導員インタビュー記事