SERVICE スペシャルイベント

バスケットボールの家庭教師では様々な指導サービスをご用意しています。

ジュニアバスケットボールサミット






ジュニア期のバスケットボール現場をより良いものにするために、 全国各地の英知を結集し、選手・指導者・保護者の 「なりうる最高の自分を目指す」をサポートすることが目的のイベントです。


2019年度JBSテーマ

「育成マインドの醸成」

年々変化しているジュニアバスケットボールの世界。

2019年度はより一層の競技環境整備や育成年代の育成について推進されてきています。


今年のジュニアバスケットボールサミットのテーマは「育成マインドの醸成」


なりうる最高の自分を目指すために、U12〜U15の年代では何をすべきかという問いに対して、問題提起をしていきます。


ERUTLUC代表の鈴木による中学生対象のクリニックを通じて

→育成年代の技術や戦術に対する問題提起


アルバルクユース塩野コーチとERUTLUC代表鈴木によるディスカッション、ERUTLUCクラブチームのデモゲームなどを通じて

→育成マインドの哲学とチームマネジメントの問題提起


U12からU15年代のお子さんたちに最も重要な環境は何かという保護者向けの講習も開催されます。

参加費は無料、より多くの方々に貢献するためのイベントです。

育成年代を考える指導者、保護者の皆さん、ぜひお集まりください。

※当イベントはクリニック形式で行います。


募集

◆参加者募集◆

指導者見学、育成パーティーの参加ご希望の方はこちらのお申し込みフォームからお申し込みください。

※お申し込みに際してコーチライセンスは必要ありません。

※今回、選手の公募は行いません。

※1日目は定員を設けているためお申込み必須になります。2日目はお申し込みなしでご参加いただけます。

◆参加費◆

無料で参加できます。

※イベント3の育成年代ミーティングパーティーのご参加につきましては、参加費として4300円ご準備ください。





アメリカの伝説の指導者 John Woodenの哲学に影響を受け、「なりうる最高の自分」を目指すということをスポーツを通じて子どもたちに伝えていくことが指導者としてのテーマ。

経営者としての学びからも、「利益」を超えた「理念」が重要だということを知っているが故に、ジュニアのスポーツにも「勝利」を超えた「理念」というものが重要であると説く。

近年のテーマ

日本バスケットボール協会のU12、U13主導コーチとしても活動しており、男子日本代表のサポートスタッフとしても2016年から2019年の3年間国内合宿と試合をサポートしている。

これまで、ジュニア年代のコーチがフル代表のスタッフで関わるという前例がなく、この貴重な経験をいかに育成年代の発展に活かすか、いかにして育成年代に関わる方々に貢献していくかが近年のテーマとなっている。

現在、様々な活動や経験を通じて考えた育成年代の最も重要な課題を「育成マインドの醸成」として見出しており、「今回のジュニアバスケットボールサミットで多くの指導者、保護者の方と知見を共有できることを楽しみ」とのこと。




アルバルク東京アカデミーマネージャーとユースチームU15ヘッドコーチを兼任。

アルバルク東京ユースはアルバルク東京の育成チームであり、トップアスリートの育成を目的として活動している。

アカデミーの指導理念について

アカデミーの指導理念として、いまチームが強くなることよりも将来的により良いアスリートになるために大切なことを優先し、「バーンアウト」や「オーバートレーニングによる慢性傷害」等のジュニア期の問題の発生を予防しながら将来的な競技力を最大化することを目指している。

また、長期的な競技力向上の原動力は選手の「バスケが楽しい」という気持ちであると捉えており、選手が夢中になってバスケと向き合うことができる環境をつくることが最も重要な仕事だと考えているとのこと。


BumB東京スポーツ文化館メインアリーナ

≪アクセス≫

〒136−0081

東京都江東区夢の島2−1−3

◆車でお越しの方◆

駐車場について

同日、近隣で大きなイベントが開催される予定のため、道路や駐車場が大変混雑する可能性があります。

体育館駐車場、近隣の駐車場が使用不可、もしくは満車の場合も考えられますのでご注意ください。

◆電車でお越しの方◆

東京メトロ有楽町線、JR京葉線、りんかい線

『新木場駅』下車、徒歩13分

◆バスでお越しの方◆

都営バス『夢の島』バス停下車、徒歩5分

≪会場案内≫

〇 1日目はメインアリーナの半面で行います。(隣で別団体の使用有り)

〇 2日目はメインアリーナ全面を使用します。

〇 観覧席、アリーナでの飲食はご遠慮ください。

〇 撮影につきましては、2日目午後の「セッション2」からNGになります。

※その他ご不明な点等がございましたらバスケットボールの家庭教師までお問い合わせください。











過去のイベント情報

ジュニア期のバスケットボール現場をより良いものにするために、全国各地の英知を結集し、

選手・指導者・保護者の「なりうる最高の自分を目指す」をサポートすることが目的のイベントです。

2018201720162015201420132012201120102009
JUNIOR BASKETBALL SUMMIT 2018 JBS2016 昨年まではスキルコーチキャラバンとして行ってきましたが、今年のテーマは「指導法の伝承」です!
JUNIOR BASKETBALL SUMMIT 2017
15周年記念で行われたイベントは、シアターセッションとアリーナセッションの二日間にわたって開催されました!
JUNIOR BASKETBALL SUMMIT 2016 JBS2016第七回となった2016では、昨年行われたバスケットボール版B-1グランプリを二日間(2016.10.9-10.10)、開催しました! 2日間通しての来場者数は784名(※延べ人数)の方にご来場頂きました!
JUNIOR BASKETBALL SUMMIT 2015
第六回となった2015では、全国のスキルコーチに集結してもらい、それぞれこだわりのスキルを紹介してもらう、いわばバスケットボール版B-1グランプリを開催しました。
JUNIOR BASKETBALL SUMMIT 2014 jbsheader第五回となった2014はERUTLUCのプレゼン大会、TEDを行う等新たな挑戦もたくさん行いました!
JUNIOR BASKETBALL SUMMIT 2013 sumitt2013banner第四回となった2013はバスケットボールの家庭教師10周年を記念したイベントということもあり、バスケの聖地代々木第二体育館を使って開催しました!
JUNIOR BASKETBALL SUMMIT 2012 JUNIOR BASKETBALL SUMMIT 2012 第三回となった2012では、JXサンフラワーズから吉田選手、間宮選手がイベントに参加してくれました!また、日高哲朗氏によるクリニックも行われました。
JUNIOR BASKETBALL SUMMIT 2011
震災のため中止とし、チャリティークリニックを後日開催しました。 震災でお亡くなりになられた方々の御冥福をお祈り申し上げます。
JUNIOR BASKETBALL SUMMIT 2010 JUNIOR BASKETBALL SUMMIT 2010 第二回となった2010では、中学全国大会に出場するような強豪校の先生方による豪華なクリニック、講習会が開催されました。
JUNIOR BASKETBALL SUMMIT 2009
第一回JUNIOR BASKETBALL SUMMITは、全国大会常連中学校4校に集まっていただき、普段の練習を見学させていただいたあと、公開練習試合を行うという今までにないタイプのイベントとして非常に好評を頂きました。 ※誠に申し訳ございませんがレポートページはありません。