EURO BBA LEAGUE 大会理念

より多くの子ども達に試合への出場機会を

U-12、U-14、U-16と年齢ごとに3つのカテゴリーに分けたリーグ編成で、大会を開催しています。
年代別でリーグを分けることで、各年代の選手がメインエイジになります。
そうすることで、「各チームのメンバー構成に年齢的な公平性が生まれ、発育・発達段階における差が減少し、実力の拮抗、各選手の責任感などを生み出しやすくなる」というメリットがあると考えます。

バスケットボールのボックススコアでは、ベンチ入りをしたが試合に出場しなかった選手を”Did Not Play”(DNP)と表記します。
”DNP”がなくなり、より多くの子ども達がなりうる最高の自分を目指せる環境を作ることが私たちの願いです。

大会運営における活動理念①

指導者・レフリー・テーブルオフィシャルズの全てにおいて実践と成長の環境を

まず選手にとって、テーブルオフィシャルズを経験することはバスケットボールのルールを覚えることや、自分が試合の進行役を担っているという責任を自覚するということにも繋がります。
試合に出ることだけでは経験できない分野での責任がそこにはあります。

指導者にとってこのリーグ戦は、負けたら終わりの試合ではないため、若い指導者でも自信を持って試合を采配することができます。
選手の成長ばかりではなく、指導者の成長にも貢献できるのが、このリーグ戦の特徴です。

レフリーは試合の進行において責任を持つ立場でありながら、同時に試合に臨む子ども達の指導者的な側面も持っていると考えます。
育成年代のレフリーは、試合を円滑に進める上でのパートナーでありながら、同時に選手をルールの面から指導する指導者的な役割を持つ重要な立場です。

私たちは、熱意ある指導者・レフリーの普及は、育成年代の試合環境をより良くするために必須なことであると考えています。

大会運営における活動理念②

育成マインドと勝敗マインド

私たちが育成の過程において試合経験を組み込む事を推奨しているのは、バスケットボールの本質である試合の楽しさを感じ、そして日頃の練習の成果を試す舞台を経験することそのものに価値があると考えているからです。

もう一方では、試合の勝敗にこだわる気持ちや、真剣勝負の中での競い合いで得られる切磋琢磨の経験が、選手の成長を促す要素のひとつであることも事実です。

勝敗にこだわるマインドと、選手の育成にこだわるマインドの、どちらも獲得できるような”ANDの才能”を発揮していかなければなりません。

私たち自身も育成世代の選手にとって勝利を目指してプレーする事は大きな意味を持つ事であり、選手の成長にとって大切なことだと考えています。
しかし、試合の結果だけが重要視されるのではなく、そこに至るまでのプロセスとして選手やチームの取り組み方に注目し、選手自身の成長へと目を向けなくてはなりません。

大会運営における活動理念③

子ども達に向けて、指導者と保護者がすべきサポートとは?

勝つ事そのものが素晴らしい訳ではなく、選手の主体性や成長がそこにあったのかを常に考えることが大事です。
私たちが目指す試合環境とは、試合の価値を「勝敗」のみで捉えるのではなく、試合を支える全ての関係者が育成マインドと勝敗マインドの両立を目指していることを理解し、その理念に共感した方々が、ひとつになって支えていくことで素晴らしい価値の高い試合環境が築き上げられていくと考えています。

育成年代の子ども達にとって指導者や保護者の役割は、問題を解決してあげることではなく、むしろ子ども達に課題を与えることにあります。
そうすることで、子ども達自らが問題を解決する力を養うことになり、自立を促すことになるでしょう。
子ども達の課題に対する取り組みに関して、過度に介入することなく適切な距離でサポートすることができるかどうかが大切です。

レギュレーション

チーム・選手登録について

■ カテゴリー
U-16(メインエイジ 15歳):中学3年生・高校1年生 対象
U-14(メインエイジ 14歳):中学1年生・中学2年生 対象
U-12:小学4年生~小学6年生 対象

■ チーム登録・選手登録について
1つのチームから、複数ユニットでのチームの登録が可能です。
登録人数に上限は設けません。(ただし、登録選手が12名を大きく超える場合は、複数ユニットでの登録を推奨します)

■ オーバーエイジ、アンダーエイジの登録について
・U-12カテゴリー
ミニバスルールに基づくものとする。
オーバーエイジ(中学生の参加)は原則として認めない。

・U-14カテゴリー
オーバーエイジ|16歳まで
アンダーエイジ|12歳まで

・U-16カテゴリー
オーバーエイジ|17歳まで
アンダーエイジ|13歳まで
※現行のリーグの実態に合わせての規定であり、16歳主体のチームを受け入れない訳ではない。

オーバーエイジ、アンダーエイジを起用する際は、選手の発育、発達の観点から年齢による体格差、身体能力差、技術差などから生じるプレー中の安全上の問題を考慮しなければならない。
また同年齢における発育発達の差は早熟傾向、また晩熟傾向にある子など様々ではあるが、一定程度の怪我や事故のリスクを軽減するため、オーバーエイジは該当カテゴリーのメインエイジとして定められた年齢の2つ上までとする。
また同様の理由からアンダーエイジについても該当カテゴリーのメインエイジの2つ下までとする。

なおオーバーエイジ、アンダーエイジの起用は本リーグ内における育成理念に基づいて行う事とし、運営側サイドから見て起用する選手に著しく問題があると判断した場合はその選手の起用は認めない。
また、規定を超える範囲のオーバー&アンダーエイジの起用に関しては、試合を行う当事者間での承認を得た上で、安全上の問題を十分に考慮し、各チームの責任において行うこととする。

新型コロナウィルスの感染予防に関する規則

参加する選手、チームスタッフ、ご観戦頂く皆様、レフリーの皆様、大会スタッフ関係者、全ての皆様でコロナへの対策の徹底をお願いいたします。

・当日の選手登録の名簿(メンバー表)の提出
当日、チームの試合に参加するスタッフ、選手、引率の保護者の方の氏名と絡先を記入しご提出下さい。

・来場者名簿の提出
当日ご観戦にいらした皆様の全員分のお名前、当日の体温、健康状態のチェックを実施して頂き、来場者名簿として当日中にリーグへご提出ください。
※なお施設によっては同様の来場者名簿を施設側に提出するもの、また確認後各団体にて保管義務のあるものがございます。そうした対応がある会場では、リーグ側の来場者名簿と重複してしまうので、来場者名簿の作成はありません。

・選手の健康管理表(直前2週間分)の作成・保管
こちらはウィルス感染者が出た際に提出をお願いする場合がございます。
チームで作成しているものがある場合はそちらで構いません。

・うがい、手洗い、消毒作業の徹底
各選手、石鹸による手洗い、うがいの徹底と、必要に応じて備品や施設の消毒作業にご協力下さい。

いただいた個人情報については厳正なる管理のもとに保管し、必要な場合のためにのみ利用します。また、個人情報保護法等の法令において認められる場合を除き、ご本人の同意を得ずに第三者に提供いたしません。

▼Euro Leagueに関するお問い合わせはこちら▼

Euro League 2020 winter 結果

▼ 1stシーズン 結果表 ▼

▼ 2ndシーズン 結果表 ▼

– 各イベント情報 –

大会運営トップへ