加賀屋圭子

私は、バスケットボールを通じて、
チャレンジ精神旺盛な選手を育てたい

唯一の女性SSランク指導員である加賀屋圭子コーチは、小学校低学年以下の生徒=ちびっ子の指導をメインに活動に取り組む。生徒たちには常にチャレンジすることを求め、失敗を恐れずに飛び込んだ先に得られるものの素晴らしさを伝えていく。そして彼女自身もまた、バスケットボールの普及活動、コーチ育成に力を尽くすなど、チャレンジ精神を携えて歩み続ける。

 

子どもと同じ目線で楽しめる
指導に適したパーソナリティー

 高校三年生のときに膝の靭帯に大怪我を負い、千葉大学に入学した春に手術を受けた。女子バスケットボール部に入部するも、完治までには長い時間を要し、一年間はまともにプレーができない状態だった。リハビリをしながらチームではサポート役として過ごしていたある日、加賀屋圭子コーチは現在のERUTLUC代表・鈴木良和コーチと出会った。
「大学一年生の冬頃のことでした。部活をしていたら見慣れない男の人が体育館に入ってきて、『誰だろう』と話をしたその人が鈴木コーチでした。ERUTLUCの活動にお声がけいただいて、参加することにしました。怪我で思うようにプレーができなかったので、指導の勉強をちゃんとしてみようと思ったのです。当時は教員を目指していたので、子どもと触れ合う機会ができることは将来にとってもプラスになると思いました」
 それまで自分より下のカテゴリーと接する機会が少なかった加賀屋コーチにとって、ERUTLUCでの活動が子どもとプレーをする初めての経験だった。最初こそ小学生や中学生との関わり方に悩んだが、すぐに慣れて指導に楽しさを感じるようになっていった。


「最初は、『初対面の私が急にアドバイスなんてしていいものなのだろうか』『信用してもらうためには何を話せばいいのだろう』と、考え込んで悩みました。でも、友達みたいに接することで打ち解けて、身近な相談だったり、友達関係の悩みまで話してくれるようになりました。逆に、『コーチは彼氏いるんですか?』なんて聞かれちゃったりすることもありましたね」
 小学校低学年以下の“ちびっ子〟の指導を得意とする加賀屋コーチ。その特性は学生時代から現れていた。練習会の休み時間になるとはちびっ子たちと鬼ごっこなどをして遊び、一緒になって笑った。子どもたちと同じ目線に立って関わることができるパーソナリティーは、指導において重要な適正だ。
「それまで小さな子どもと深い関わりを持ったことはほぼなかったのですが、ERUTLUCの活動をはじめて、気づけば子どもたちと近い距離感で楽しく遊んでいる自分がいました。鈴木コーチから『ちびっ子指導が向いているんじゃないか?』と言っていただいたことで自覚し、興味を持つようになりました」

 

ちびっ子を夢中にさせながら
指導を通じて教育にも貢献

 大学を卒業してすぐにERUTLUCに入社し、メインの対象である小中学生の指導もしっかりと身につけながら、ちびっ子指導をテーマに指導員としてのキャリアを積み上げていった。2017年にSSランク昇格を果たし、現在は小学校低学年から幼児までの生徒を中心にバスケットボールのスキルアップ、そしてプレーすることの楽しさを伝えている。
「バスケットボールをまだ認識していない生徒たちに教えるのがちびっ子指導です。それは、バスケットボールが好きで上達したいという生徒に教えるのとはかなり違いがあるもので、まずは『バスケットボールは楽しいものだよ』と興味を抱かせて、夢中にさせるところからスタートします」
 バスケットボールの面白さを感じてもらうため、加賀屋コーチはゲーム性のある練習メニューで生徒たちの興味を惹く。『だるまさんがころんだ』にドリブルを取り入れるなど、遊びにバスケットボールの動作を組み込むことで、楽しみながら基礎的なスキルを身につけさせていく。
「練習メニューはもとからERUTLUCにあったものをアレンジしたり、レクリエーションの本などを読んでそれをヒントに自分で考案したりして数を増やしています。また、パスの練習をする際に『ボールは爆弾だよ!』と伝えて意図通りのプレーを促すなど、細かい工夫も取り入れています」

 一方で、ただ楽しませるばかりでなく、子どもの教育に貢献することもERUTLUCが担う重要なミッションのひとつだ。純真無垢なちびっ子たちだからこそ、叱らなければならない場面がある。いかにして伝え、導いていくかがミッション達成への大きなポイントになる。
「話を聞かずに遊んでしまったり、なかなか集合しなかったり、自分を優先した勝手な行動をとったときに私は生徒を叱ります。それは周りの人への迷惑になるし、限られた時間を無駄にしてしまうことです。ときには怪我をさせてしまう危険もあるので、わかってもらえるようにしっかりと伝えます」
 生徒たちが加賀屋コーチの言葉に耳を傾けるのは、彼女がいつも練習の冒頭に共有する約束事があるからだ。『時間を大切に』、『仲間と協力する』といった約束事をはじめに伝えることで、生徒は自分勝手な行動が悪いことであると知る。それを破ったとき、加賀屋コーチは叱責という形でその行為は悪いことだと指摘し、生徒たちの自覚を促す。頭ごなしに怒りをぶつけるのではなく、理解させることで同じ過ちを犯さないように教育していくのだ。
「楽しませることが第一ですが、引き締めるところはしっかりと引き締めなくてはなりません。基本的にはずっと笑顔で指導しているので、たまに叱ると緊張感があると思います。そういう表情を大事なときのためにとっておいて、メリハリをつけるようにしています」

 

失敗を恐れずチャレンジしよう
その先にある楽しさを伝えたい

 約束事にはもう一つ、重要なものがある。加賀屋コーチは常に『チャレンジをしよう』と生徒たちに伝える。『チャレンジ』は加賀屋コーチの指導理念に通じるキーワードであり、「諦めずにチャレンジすることを楽しんでほしい」と語る。
「私の練習会やクリニックでは、『できない』『無理』は禁止です。自信のない子やプライドの高い子は失敗を恐れがちですが、それでも一歩踏み出してやってみることで、その先にある楽しさを知ることができると思うのです。指導する際には、失敗しても繰り返し挑戦するように声掛けし、成功できなくても頑張りを見せた生徒は褒めてあげて、チャレンジ精神を養えるように心がけています」
 思い返せば、加賀屋コーチのバスケットボールキャリアはチャレンジの連続だった。小・中・高とチームではキャプテンを担い、コートではクレバーなタイプではなかったがゴールに向かって果敢に攻め続けた。大学では一年生のときの手術した足とは逆側の靭帯を、二年生のときにまた痛めてしまった。それでも諦めずに復帰へ向けてチャレンジし、最終的にはコートに舞い戻って選手生活を全うした。指導者になってからも、ちびっ子のことを知るために単独で大学教授の研究会に参加するなど、いくつものチャレンジによって自分の世界を広げてきた。そして彼女は、培ってきたチャレンジ精神を携えてさらに邁進していく。
「これからは、バスケットボールの普及にもっと力を入れていきたいと思っています。子どもたちへスポーツや体を動かすことの楽しさを、こちらから提案していきたいと考えています。そのために立ち上げたのが『ミートボールプロジェクト』です。このプロジェクトでは、その名の通りボールと出会う(meet ball)場を提供するべく、ちびっ子たちを対象に楽しく体を動かすイベントを開催しています」
 プロジェクトのさらなる拡大のため、加賀屋コーチは指導員の教育にも力を注ぐ。ちびっ子指導を得意とするコーチを増やすため、コーチ向けの勉強会を開催している。ちびっ子指導の規模拡大とコーチ育成、こうした精力的な活動を支えるエネルギーの一端には、女性指導員としての使命感がある。
「やはり女性として、女性の指導員にもっと増えてほしいという想いがあって、そのために働く環境を洗練させていくことも私が取り組む事柄のひとつです。バスケットボールは女性の競技人口も多いし、女性ならではの気配りや全体のバランスを見る視点、子どもへの接し方がコーチングに活きてくる部分もあると思うのです」

PROFILE

加賀屋圭子(カガヤ ケイコ)
1986年6月8日生まれ。
茨城県牛久市出身。
得意指導分野=ちびっ子指導。

詳しいプロフィールはこちら

PHOTO_ 長谷川 拓司  TEXT_ 長谷川 創介