『目標設定』をテーマに、数々の選手たちに選択と実行、そして達成の力を授ける中田和秀コーチ。自らの経験からこのテーマに行きついた中田コーチは、バスケットボールプレーヤーとしての上達はもちろん、人間的な成長を促す意図も込めて指導にあたる。『目標設定』によってもたらされる豊かな気づきは、生徒たちの将来にとって重要な経験になることだろう。

 

バスケットボールへ足を踏み入れる『選択』
中学校一年生の決断がキーワードとなった

 バスケットボールをはじめたのは中学一年生の三学期と比較的遅かった。幼い頃から習い事に励んでいたことから、部活動よりもそちらを優先した。ただ、バスケットボールをプレーしたいという気持ちはずっと持っていた。もともと体を動かすのが好きな子どもで、小学生のときから休み時間になるとは友人たちとボールを持って、バスケットボールコートに向かっていた。中学に入学した際にもバスケットボール部に仮入部をして、そのときに決めたシュートの感触を忘れられずにいた。

「中学に入学した時点では、習い事とバスケットボールのどちらに取り組むか決めきることができなかったので、一旦は習い事を継続しました。でも、やっぱりバスケットボールがやりたくなって、親や先生を説得してバスケットボール部に入部しました。決して習い事が嫌いだったわけではなく、単純にバスケットボールが大好きだったから」

 バスケットボールへ足を踏み入れるこの一歩が、中田和秀コーチの最初の『選択』だった。バスケットボールプレーヤーとしてのキャリアがスタートしてからも、中田コーチはいくつもの岐路に立たされ、その都度、選択をしてきた。そのうちに、『選択』が自分自身のキーワードとなり、思考の中心になっていった。とりわけ大きな選択となったのは前職の退職、そしてERUTLUCへの参加だった。

「学生時代は部活動やクラブチームでバスケットボールに取り組み、ミニバスチームの手伝い、実業団連盟で審判もして、バスケットボールと深く関わっていました。しかし大学卒業後は一般企業に就職し、そのタイミングでバスケットボールから離れました」

 就職した大手家具メーカーでの仕事は順調だった。しかし秋田への転勤が決まり、バスケットボールが自分の生活から消えていった。それまで当たり前にあったバスケットボールを失い、かえって想いは募った。『バスケットボールに関わっていたい』。一念発起し、仕事を辞めてまたバスケットボールに関わる生活をしようと決意した。

「ERUTLUCを知ったのは仕事を辞めた直後。当時、ERUTLUCの指導員にクラブチーム時代のチームメイトがいて、バスケットボール教室に誘われました。そのときの衝撃は今でも忘れられません。子どもたちがイキイキとプレーしていて、それでいて指導体系がしっかりと構築されている。そしてなにより、バスケットボールの指導が仕事として成り立っていることに驚きました。そのときの僕は、教員くらいしか指導者になる方法はないと思っていましたから」

 

コーチが背負う影響力と責任を自覚
その重大さが指導力を磨く意欲となった

 関東に戻って再就職し、休日を使ってバスケットボールに関わろう、というのが当時のざっくりとしたプランだった。そんなときに目の前に現れた指導員の道。中田コーチは即座に『選択』し、その数週間後にはERUTLUCの指導員に登録、コーチとして活動をはじめた。一度決めたらとことん邁進する性格も手伝って、十年後にSSランク指導員へ昇格を果たした。意欲的に取り組めたのは、スタートが良かったからだと中田コーチはいう。指導を担当した一組の親子が強く印象に残っている。

「指導員になって間もない頃、まだ数回目の出張指導でうかがった指導先で、すごく熱心な親子に出会いました。対象は小学校高学年の女子生徒。すごくやる気があって、お父さんもお子さん以上の情熱を持っていました。一時間半にわたって、僕の指導をずっとビデオカメラで撮影して、音声も録音して……。そのとき、指導者の影響力と責任の大きさを肌で感じたのです」

 中田コーチは、自分の動画と音声を自宅で繰り返し見直す親子の姿を想像した。些細なアドバイスにも耳を澄ませ、その指導を頼りに練習をする生徒と、それを見守る父親。自分が見せるすべてのフォームや、ひとつひとつの言葉が生徒たちの道標になるのだと思うと、自らの仕事の重大さに背すじが伸びた。その自覚は中田コーチを指導員として成長させ、さらに指導力を磨いていく上でのエネルギーの源となった。

「一方で、指導に対して消極的な生徒もいるわけです。うまくなりたい気持ちがありつつも、親御さん主導で僕らを呼んでいるような場合に多く、子どもが“やらされている”感覚を持ってしまっている。本人が指導を受け入れられる状態じゃなかったら、どんなに良い指導をしたとしても身についていかないので、生徒をいかにしてモチベーティング(やる気を出させる)するかが重要なのです」

 上達にとって大切なのは、バスケットボールに向き合い、成長を実感すること。いかにしてその『気づき』を与えるか? 中田コーチは出張指導やクリニックなどさまざまな指導の現場で活動するなかで、その問題と立ち向かう指導のテーマ『目標設定』を見つけ出した。テーマの根幹には、常にキーワードとして胸の内で持っていた『選択』があった。

「僕自身が人生のところどころで『選択』をしてきました。中学でバスケットボールを選んだのもそうだし、会社を辞めて指導員になったのもそう。逆に『選択』を誤ってしまうこともありました。だから生徒たちにも『選択』の重要さを知り、その力を持ってもらいたいと思いました。そのために僕は『目標設定』をテーマに、日々指導にあたっています。目標を決めれば、その達成に向けて取り組んでいけるので、モチベーションは高まるでしょう。さらに、達成には目標へどのようにたどり着いていくのかの『選択』が必要で、問題を発見して乗り越えるための『選択』をすることは、生徒たちの将来にとって役に立つと思うのです」

 

バスケットボールと向き合って成長しよう
その気づきを与えるテーマ『目標設定』

 中田コーチは生徒に目標設定を指導する際、はじめに『どのような自分になっていきたいか』という抽象的な目標を立てさせる。一見、バスケットボールと無関係にも思えるが、これにはスポーツの枠組みだけにとどまらない育成の目的がある。

「バスケットボールに関する目標だけだと、達成したときにバーンアウト(燃え尽き症候群)に陥ってしまうケースがあります。そうならないように、大きな目標を立てるのです。『大金持ちになりたい』とか、そんな目標を立てる子もいますが、スタートはそれで良いのです。そこから『達成にはどうしたらいいか』を一緒に突き詰めていき、逆算するなかで『インターハイ優勝』など具体的な目標が出てきたところで、いろいろな要素を整理していきます。どれくらいスキルが必要か、メンタル面ではこういう成長が求められる、食事・生活はこのように過ごすべき、という具合に多角的なアプローチで達成の道筋を考えます」

 自分自身の理想像を持つことで、常にその姿に向けて走っていける。その達成に向けた取り組みが、バスケットボールプレーヤーとしての成長にもつながっていくのだ。とはいえ、小さな子どもにとって抽象的な目標を立てるのは難しいもの。その場合にはバスケットボールに関する目標をまず設定し、ハードルを越えていくなかで自分自身と向き合っていけるようなプロセスへ指導法を切り替える柔軟性も持ち合わせている。

「僕が『目標設定』を掲げるのは、バスケットボールを楽しんでもらいたいから。競技自体を楽しみ、楽しんだことで力をつけていって欲しいのです。『楽しい』にもいろいろあるとは思いますが、本気で取り組み、上達する楽しさを感じてもらいたいですね。指導している生徒たちが自分で気づいて、僕の想像以上のことにトライしたとき、やりがいを感じます。今後はもっと知識を広げて、生徒たちがベストなパフォーマンスを発揮できるように、トータルに伝えられるコーチを目指していきます」

PROFILE

中田和秀(ナカタカズヒデ)
1983年1月4日生まれ。
埼玉県桶川市出身。
得意指導分野=シュート・
ディフェンス・目標設定。

詳しいプロフィールはこちら

PHOTO_ 長谷川 拓司  TEXT_ 長谷川 創介