バスケットボールの技術や指導を、体系的に、さらにビジネス理論をベースに再構築してお届けする座学《Yoshikaz-Faith》。 その映像に、練習やドリルの実技映像を適宜加えて編集されたのが「今よりもっとうまくさせたい」シリーズです。

その最新DVDが7・8巻同時発売になりました。

第7・8巻のテーマは『パス』

最初の巻では、どうやって指導したら良いのかを「成果」から考えていきます。 つまり「良いパス練習とはなにか」という観点からです。

「Yoshikaz-Faith VOL.7 良いパス練習とはなにか」 ・良いパス練習を考える ・パッサーとレシーバーの課題 続いて、具体的な指導に入っていきます。 ・キャッチの基本と姿勢 最後は、基礎的なドリルを紹介します。 ・基礎のドリル(1)

次の巻では、パスの課題を確認し、スペックアップのための負荷のかけ方を考えていきます。

「Yoshikaz-Faith VOL.8 パス指導の第一歩」 ・パスの基本と種類 ・パスを速くする練習法 前の巻で整理した「課題」に対して「速く」する技術・トレーニングをご紹介します。そして、以前から問題視されてきた「判断」という点にメスを入れ、再度、整理していきます。 ・パス能力を高める練習 「見る」能力と「処理する」能力を分けて捉え、どう負荷をかけて「処理能力」を高めていくかを考えます。そして必要となるオリエンテーション能力やディファレンシング能力にも触れながら、「戦術的ピリオダイゼーション」の視点で整理していきます。 ・基礎のドリル(2) 最後には前巻に続き、基礎的なドリルを紹介しています。