2006年世界選手権優勝時のエピソード

2013年3月3日、コーチングツアーにてスペイン代表のヘッドコーチをされていたペップ・エルナンデス氏と会談をさせて頂きました。ツアー後すぐの公開は控えておりましたが、3年の月日を経てこの度、会談の内容をレポートにまとめましたので是非多くの皆さんにご覧頂ければと思います!!!今回はレポート第1弾として2006年に日本で開催された世界選手権の時の内容を中心にお届けします。

ペップ620
2006年世界選手権優勝祝賀会にて|出典:Scariolo nuevo seleccionador español
ペップ・エルナンデス氏について
スペイン・マドリード出身のバスケットボール指導者。
1994年にCBエストゥディアンテスのヘッドコーチに就任。
2000年にはコパ・デル・レイ優勝に導くなど、エストゥディアンテスを支えた。
2006年世界選手権を前にスペイン代表のヘッドに就任。初優勝に導いた。
2007ユーロバスケットでも世界選手権とメンバーを変えず指揮を執り、準優勝。
2010年にホベントゥート・バダローナのヘッドコーチに就任。
2011年にエストゥディアンテスのヘッドコーチに就任。
日本を訪れてみた感想は?
日本のバスケットに詳しいわけではないが、バスケット面での交流ができたことはもちとん良い経験になった。その他にもバスケット以外で日本の文化に触れることができ、個人的に良い影響を受けた。日本文化との触れ合いは非常に大きなものになった。
ペップ氏の経歴を見てもエストゥディアンテスとの関わりが大きいと思いますが、あなたにとって“エストゥディアンテス”とは?
17年間エストゥディアンテスで働けたことが非常に大きな経験になりました。なぜかというと、あのクラブでは小さい子どもから15~16歳までと色んな年代と関わり、指導することができた。それはつまり、子どもたちがバスケットを始めた頃から、選手として成長しクラブを卒業してバスケットを引退する時期まで関わることができたということ。コーチとして大切なことは選手たちがバスケットを引退するときまでずっと学び続けられたか否か。あくまでコーチというのは選手をサポートし、彼らの成長を促すものです。そのような意味でエストゥディアンテスでの経験は大きかった。

私が初めてバスケットボールを始めたのは8歳か9歳でした。その頃の私の夢はエストゥディアンテスの選手になることでした。エストゥディアンテスはその頃ディビジョン1に所属していましたしね。しかし15歳を迎えたとき選手としてはプロのレベルまで到達することは無理だと気づきました。それでもバスケットボールには関わっていたかったため、15歳からコーチを目指しました。プレイヤーとして引退を決意したのは17歳の時でした。

コーチを始めた頃はミニバスを教えていました。それから17年間、エストゥディアンテスの下部組織の選手を教えていました。その後、6年間のエストゥディアンテスのトップチームでアシスタントの経験をした後に、ヘッドコーチを務めました。11年間、ヘッドコーチとしてエウトゥディアンテスに携わったのち、スペイン代表のコーチを経験し、その後はホベントゥート・バダローナというリッキー・ルビオを輩出したクラブにいきました。カンテラ(育成組織)がとても充実したクラブでした。

始めはどのようなコーチだったのですか?
コーチになりたての頃はボールの取り方や、どうやってプレイするかを必死に伝えていました。
ただ、自分がどうなりたいか、どうありたいかを考えていませんでした。
15歳からコーチングを始めて4~5年はただ指導をしていただけでした。19歳の時だったと思いますが、その頃には本格的にバスケットボールのコーチになりたいと思うようになっていました。その時初めて自分がどんな方法でコーチになるのか、またどんなコーチになりたいか、コーチとしてどうあるべきかを自分自身に問いかけるようになりました。

問いかけてみて、最初に出てきた答えはポジティブな考えではなくネガティブな考え方でした。

「あうゆうコーチにはなりたくない。」

自分が選手の時、実際に指導を受けたあるコーチに対してのイメージが最初に沸いたのです。何故なら、そのコーチはフェアではなかったからです。公平さに欠けていました。なので、彼を反面教師として、自分がコーチになる時には公平さを大切にしようと考えました。
指導者たちには責任があります。何故かというとコーチはどの選手を試合に出すかを決めます。また次のシーズンにはどの選手を残し、どの選手は入れ替えるかということもコーチが決定します。つまりコーチの決断は選手一人一人の人生を決めることなのです。プロを目指している選手の一人を試合に出す、もう一人は出さない、と決断するということは彼らの人生を大きく左右することになります。
だからこそ公平さが非常に大切だと感じるのです。

pepu-hernandez
2006年世界選手権 ペップ・エルナンデス|出典:Premio “Amigo del Rioja” para la Selec
日本で優勝したことが一番の思い出だと思うのですが、二つ目の思い出はなんですか?
実は日本で世界選手権を優勝できたことが二つ目に嬉しかった思い出なのです。

では一番の良い思い出は何だったのですか?
大会に向けて最高の準備ができたことが一番の思い出です。スペインでの国内合宿や大会直前のシンガポールでの親善試合などを含め、チームとして選手とコーチたちが本当にまとまっていくのを強く感じました。選手たちもコーチ陣も全力を尽くしている。チームにコミットしているのをすごく感じたのです。それが日本に行った時の一番の思い出です。

大会期間中のヘッドコーチとしての仕事を具体的に教えてください。
対戦チームの分析などについてはアシスタントコーチたちには全てを把握しておくよう伝えていました。対戦相手になりそうチームやその選手たち全てです。ヘッドコーチである私は次に対戦する相手のことだけに集中していました。なので正直、対戦相手以外のことは詳しくは分かりません。それは実際に対戦する相手のスカウティングに集中しているためです。選手たちにも次の対戦相手のことしか伝えません。アシスタントコーチ陣に関しては全てのことを把握させます。細かいことまで研究し、対戦相手のチームとしての特徴や選手個人の癖を知っておくことも大切です。

そして対戦相手を分析することより大事なことは自分のチームをもっとスカウティングすることです。つまり我々のチームが今どんな状況なのかをスカウティングすることです。
分かりやすい例としては世界選手権の決勝はスペインのパウ・ガソルがいなかった試合です。それに対してスペインチームが取るべき解決策はなんなのか、自分たち自身でスカウティングしなければならない。スカウティングというのは戦術的なことや技術的なことのみならず、メンタル的な部分まで分析することであり、自チームの分析は対戦相手のことをスカウティングする以上に大事なことなのです。

大会期間中で一番印象に残っているシーンは何ですか?
準決勝のアルゼンチン戦は最初リードされタフな試合で抜きつ抜かれつの展開でした。その試合の第4クォーター残り1分30秒にパウ・ガソルが骨折してしまいました。結果勝利することはできましたが、チームの一人を欠いてしまいました。アルゼンチンとの激闘を終え3分程コート上で喜んだ後ロッカールームに戻りました。ロッカールームではパウが怪我をしていて、その傍らに弟のマルクが寄り添いながら泣いていました。隣にいるナバーロも泣いていました。ほとんどの選手が泣いており、そして悲しい顔をしていました。スペインとして世界選手権で初めて決勝進出を決めた試合の直後だったのに。とても決勝に進出したチームの雰囲気ではなかったです。

なぜなら、チームはパウが一番大切な選手だと思っていました。これは私が言ったわけではなくチームがそう思っていたのです。
何が悲しいかというとチームメイトにとってパウガソルが一番大切な選手であったということ。その選手がプレイできない、チームが試合に負けてしまうというのが悲しいのではなく一人の友人として、大切な友人が初めて決勝に進んだのにその舞台に立てないというのがとても悲しかったのです。
パウが怪我をして、そのときは皆泣いていましたが、決勝の時は皆でパウのために頑張ろうとチームは結束しました。友情が深まった機会でもあり、チームとしてまとまった瞬間でした。

pepu-hernandez-baloncesto
2006年世界選手権 選手を指揮するペップ・ヘルナンデス|出典:Pepu Hernández, claves para construir

ペップ・エルナンデス氏会談レポートその2に続く。