NBAコーチが日本の選手に伝えたいこと!!

2016年8月5日、6日、8日にNBAのユタ・ジャズで現役のアシスタントコーチとして活躍するアントニオ・ラング氏の特別クリニックが開催されました!!

アントニオ・ラング氏について
ラング氏は、NCAAの超名門デューク大学出身。
プレーヤーとしてもNBAドラフト全体29位でフェニックス・サンズに入団、6年間、NBAの4球団でプレーしたのち、CBAフィリピンプロバスケットボールを経て、2001年三菱電機に入団。2006-07シーズンにチームを準優勝に導き、シーズン終了とともに現役引退。
​その後、アシスタントコーチ・ヘッドコーチを歴任し、2014年まで合計13年にわたり日本で活躍されました。そして現在はNBAに活躍の場を移してユタ・ジャズでアシスタントコーチとして活躍中。

そんなラング氏が今回のクリニックのなかで日本の子供たち、指導者の方々へ伝え続けた内容を皆さんにご紹介していきます。

ハドル写真

今回行なわれた小中学生向けクリニックのメニューは
①ストレッチ
②ドリブルスキル
③レイアップ
④ショットスキル
⑤シューティングゲーム
⑥3on3(ピックアップゲーム)
でした。その中でも特にクリニック中にラング氏が強調していたポイントを下記にまとめました。

ラング氏が伝えたいこと

① 左右両方の手でドリブルを使えるように
ドリブルスキルではツーボールドリブルのドリルにチャレンジしました。
ラング氏曰く、「ツーボールで練習するのは、ウィークハンド(非利き手)をレベルアップさせるため。どうしても利き手でドリブルすることが多くなるので、ツーボールドリルを行えば必ずウィークハンドもレベルアップさせられる!」
ドリルはシンプルで、まずその場でツーボールのパウンド(強いドリブル)を10回、それからジグザグに移動しながら、フロントチェンジやレッグスルー、バックチェンジなどの切り返しのスキルもツーボールのまま練習していきました。
ラング氏も彼が幼い頃に父親から「神様が二本の手を授けてくださったのだから、両方使わないのは損だ!」と言われていたそうです(笑)

ラングハイタッチ

② バランス能力の重要性
シュート練習ではボディバランスに重点をおいてシュートフォームを安定させるためのドリルが紹介されました。
片足で立ったままシュートを打ったり、左右にジャンプしながらシュートを打ったりとバランスの面で負荷をかけそれでもシュートフォームを安定させることを目標に取り組みました。
難易度が上がってくるとジャンプしながら体を180度回転させてシュートを打つというものもありました。

ラングシュート

③ 〝PLAY〟(実戦)の重要性
クリニックの最後には3on3のピックアップゲームを行いました。ラング氏曰く、「クリニックでは様々なスキルを練習するが、やはり一番大切なのは実戦。アメリカでは〝PLAY〟(実戦)する機会が多くあるが、日本はまだまだ少ないと感じている。アメリカと日本の差はそういったところにもある。」

また実戦形式になった途端、「ゲーム中はチームメイトとしっかりコミュニケーションをとりなさい!特にディフェンスでは声を掛け合って守ることが大切だ!」とそれまでのクリニックの間は比較的選手の自由にやらせていたラング氏ですが、その時は大きな声でプレイをし、選手たちにお手本を見せながら指導していました。

トータル2時間のクリニックでしたが残りの20分近くを割いて3on3という実戦のなかでレベルアップを図るということ。また実戦形式になった途端、選手に求めることが一気に増えたところにラング氏の哲学を感じました。

クリニック全体写真
【写真提供│西尾 瑞穂 氏】