DNレポートトップ

NBAオフェンスコーチから学んだ大切なこと(チェンジ・オブ・ペース編)

2015年11月30日(月)~12月3日(木)でNBAオフェンスコンサルティグコーチのデイビッド・ナース氏(以下デイビッド氏)をお招きし、特別クリニックを開催しました。今回のクリニックは『IQスコアリング』をテーマにクリニックを開催して頂きました。4日間関東各地で行われたクリニックのレポートをお届けします!

今回のクリニックではIQスコアリングと題し、より効果的にオフェンスを行うために重要なことを紹介して頂きました。とは言っても何か特別難しい技術というよりは、シンプルな動作を『ディテール(細かなポイント)』にこだわって練習していきました。デイビッド氏も『It’s the little details that are vital. Little things make big things happen.』と繰り返し強調していました。デイビッド氏が今クリニックで強調していたディテールについて今後のレポートで紹介していきます。

DNレポート6
『 チェンジ・オブ・ペース 』
ディテール第2弾は『 Change of Pace 』です。チェンジ・オブ・ペースと言われれば、スピードの変化というイメージは簡単にできます。しかしこのチェンジ・オブ・ペースがどれほど重要で、どれだけ日本国内では見落とされているのかを今回のクリニックを通して痛感させられました。
DNレポート1
ヘジテーションにおける『 チェンジ・オブ・ペース 』
ヘジテーション自体が「躊躇する」という意味であり、ヘジテーションは『 チェンジ・オブ・ペース 』の一種になります。ではヘジテーションにおける『 チェンジ・オブ・ペース 』とわざわざレポートに取り上げる理由は何故なのか?それは「日本人選手のギアチェンジの少なさ」にあります。デイビッド氏は「もっとしっかりと減速し、それから再度急発進しなさい!」と言うのですが選手たちはスピードの変化に苦戦していました。またヘジテーションの際にはスタッターステップ(ハーキー)を使って減速するようコーチからはアドバイスがありました。
今回のクリニックの通訳を務め全てのクリニックを観た水野指導員は日本の子どもたちはスピードの緩急の幅がとても小さいことに気がつきました。「コーチが口酸っぱくスピードの変化をつけるようにと指示を出しているのですが、しっかり減速できる選手は全クリニックを通しても本当に少なかったです。」
12169253_920451694695633_3438842_o
『 チェンジ・オブ・ペース 』については9月に行われたジュニアバスケットボールサミットにてスペインからお招きしたダニエル・コロナ氏も今回のデイビッド氏と同じことを言っており、日本人選手の課題の一つなのかもしれません。

1on1(Go To Move)における『 チェンジ・オブ・ペース 』
1on1を仕掛ける際の『 チェンジ・オブ・ペース 』の重要性もデイビッド氏は紹介していました。「ボールミートからそのままドライブに行く場合と、一度ストップしてジャブステップフェイクをかけてからドライブを仕掛ける時のペース(この場合リズムというニュアンスも含む)を変えられる選手が少ない。常に同じペースでプレイしているのでディフェンスにとっては非常に守り易い。その結果『 Ball-Body-Eyes 』も正確でないのでディフェンスを揺さぶることができていない。スピードをゼロにする際にはしっかりとゼロまで落とし、そこからペースを変えてフェイクを仕掛けることでディフェンスを引っ掛けることができる。」とデイビッド氏は強調していました。
DNレポート4
ディテール第2弾は『 チェンジ・オブ・ペース 』でしたが、このスピードの変化については本当に僅かな選手たちだけがデイビッド氏の求めるスピードの緩急を使ってプレイできていました。その他の多くの選手たちは確かにスピードの変化をつけてはいるもののギアが2~3段階くらいしか変わっていませんでした。ダニエル氏も言っていたスペインではジュニア記の選手たちでも当然のように求められる6段階のスピードの変化はアメリカでも求められる基本的なもののようです。日本の子どもたちにとってまた一つレベルアップできるカギを発見できたデイビッド氏のクリニックでした。
(下記はNBAのヘジテーションムーブの動画です)