子どもとスポーツについて一緒に考えませんか?



私達ERUTLUCは「より多くの子どもたちになりうる最高の自分を目指す環境を提供する」ことを理念におき活動しており、子ども達の「もっと上手になりたい!」「チームのために活躍したい!」「たくさんシュートを決めたい!」といった気持ちに応えられるような活動をしています。
また子ども達がスポーツ活動を通して多くのことを学び、より豊かな生活していくための環境をづくりに取り組んでいます。

朝日新聞社様ではデジタル版の連載企画の中で「子どものスポーツ〜親の役割って?」についての記事を掲載しています。
この掲載されている記事について、私達スポーツ指導者または保護者が考えていかなければならないことが多く書かれています。

私達スポーツ指導者または保護者は今子どものスポーツ現場で起こっていること、今語られる昔のスポーツ現場のことなどから目を背けず、未来を担う子ども達とどう向き合っていくかを考えていくことはとても大切なことです。

みなさんで子どもとスポーツについて一緒に考えていければと思います。


ERUTLUCが開催している保護者向けの講習会「ペアレンツスクール」でご登壇いただいた藤後悦子さんがインタビューを受けた内容が記事に掲載されていますのでご紹介です。

その他『子どもとスポーツ〜親の役割って?』記事一覧 ▶