チーム練習の効果を高めることができるツール

バスケットボールの練習ではゲームの要素を削りすぎずその中で判断の要素があったり動きの中でその体を上手に扱ったりしていく。
しかしシュートという技術は、どれだけ正確な運動ができるということになり、技術の反復練習に意味がある部分と、より試合に近い状態の練習が意味のある部分と両面がある。

シューティングマシンは体に運動を刻み、いかに効率よくたくさん打つかというところでとても価値あるものである。
同時にこのシューティングマシンを上手に使うことによってより試合の状態に近い動きと判断の中でシューティングに取り組むことができるのだ。

▼インタビューはこちら▼

おすすめの関連記事
【第一弾!】どうなる部活動!?鈴木良和氏が衝撃を受けた話とは?
【第二弾!】世界になくても日本にあるもの、それは『部活動』!何を優先し、指導すべき?
【第三弾!】「コーチにもっと指導してほしい!」実は成長につながらない?
【第四弾!】部活動とスクール、指導が違う…。生徒は何を信じればいい?
【第五弾!】コーチ、保護者が「手本を示すこと、できない」解決策は?
【第六弾!】コーチから保護者に、保護者から子に、注意すべき話し方とは?