響インタビュー

3人目の達成者となったのは、現在中学1年生の山崎響さん。

彼女はエルトラックで開催されているキャンプやクリニックに参加してくれたこともある。その環境の中でたくさんのバスケ仲間を作り、良き仲間に囲まれながらバスケットボールを楽しみながら続けている。

『いろいろな項目があって難しかったけれど、取り組んでいたときはとても楽しかった』

ERUTLUCのスクールで取り組んでいる検定制度。

この検定は義務付けられて取り組むものではなく、あくまで自主練ツールとなっている。

その自主練の成果をコーチに確認してもらい、合格をもらうことで級が上がっていく仕組みだ。

今年度からその検定制度に『オンライン検定』の仕組みが導入され、現地で直接コーチに見てもらわなくても画面越しで検定が受けられるようになった。

検定には7つの項目がある。

技術の支えになる体幹や股関節トレーニングのチェック、手と足の連動やリズムを鍛えるカップリングスキップ、ボールのハンドリング力とコーディネーション能力を総合的に網羅したテニスボールキャッチとコーディネーションレイアップ。

これらを7級から1級まですべて合格をもらうとERUTLUCの殿堂入り選手として8スターズクラブへと認定される。


響さんはこつこつと自主練習に取り組み、着実に検定の合格をもらっていった。


検定の1級となると合格をもらうのは容易いものではない。

体幹、股関節の項目では4つの各ボールの上に手足を乗せ、その上でバランスをとりながら腕立て伏せを3回するといったものだ。


この項目に最も苦労したことを話してくれた。

そしてやっとの思いで1級の合格をもらい、その最後の星を獲得したのは仲間やコーチにも会えない、体育館にも行くことができない自粛期間中だったそうだ。

Hibiki1

いつもであれば仲間と身体と身体をぶつけ合い、切磋琢磨しながら練習したり、コーチに励まされながら練習ができる当たり前だと思っていた環境。

しかしその環境は当たり前のものではないこと。

今年はそれを痛感した時期でもあった。

時間は誰にでも平等に与えられているものでありながら、自分で時間をつくり、他の誰かではなく自分で自分を奮い立たせながら向上していくことは簡単にできるものではない。

しかし、響さんは今置かれている環境で、自分に与えられた時間で何が出来るのかを考え、行動に移して、見事自粛期間中に成し遂げたのである。

目標を達成したこと、自分の力で成し遂げたことは自信になっていくものだ。

彼女は8スターズ達成者としての名誉だけでなく、自信も手に入れたことだろう。

Hibiki2

『自覚して初めて行動を変えることができる』

8スターズクラブに認定されるためには検定の項目を全て合格することが条件であるが、もう一つの条件を揃える必要がある。

それは、『子どものスポーツのすすめ』アウトプットすることである。

『子どものスポーツのすすめ』とは、エルトラックのスクールに入会するともらうことができる、ジュニアスポーツ選手にとっての教科書のようなものだ。

スクールでは毎回この『子どものスポーツのすすめ』を1ページずつ選手達と読み合わせ、考えを共有している。

その日に読んだページについて、親へアウトプットし理解を深める。

それを全てのページ完了すると8つ目の星を獲得し、技術面における検定と精神面における『子どものスポーツのすすめ』を理解するという条件を達成すると、8スターズクラブへと認定されるのである。

Hibiki3

その『子どものスポーツのすすめ』の中の一つに『軍艦と艦長の話』というものがある。

艦長は自分達の進行している方向に危険が迫っているとも知らずに進行を続け、進行の先にあると思われる軍艦へ「進行方向を変えよ」と命令する。

しかし、相手は一向に進路を変えようとしない。

艦長が相手の行き先を変えようとした結果、相手は変わりようのないものであることがわかり、それに気づいたことで自分の進行する方向を変えたという話だ。

響さんはこの軍艦と艦長の話について

「言われないと行動を変えられないというところが印象に残った」と話してくれ、とても強く心に残っているそうだ。

実際に響さんの行動や考え方が変わったエピソードがあったということで、そのエピソードを紹介する。

『周りの時間を奪わない。時間は有限』

練習中にお互いが遠慮し合って練習が進まない。

練習を始めるまでの移動や集合するのに時間がかかる。

この時間は必要なものなのか、必要なものではないのか考えたことがあるだろうか。

Hibiki3

響さんは現在エルトラックの指導員が運営するH4Hというクラブチームで活躍している。

そのチームで響さんが学んだこと、それは『時間の大切さ』だという。

「遠慮し合う時間やだらだらやり過ごす時間は必要な時間ではない。

限られている練習の時間の中で自分が率先して練習を始めて時間を有効活用しよう。」

このように指導してもらい、時間の使い方への意識が変わっていったという。

「それまではなんとなく練習に取り組んでいたり、時間の使い方に対してあまり意識を高く持っていなかったのが、一回の練習に集中して取り組むようになった。

時間を大切に使うようになった。」

と一回一回の練習の取り組み方が変わっていった様子を話してくれた。

響さんの中で時間の使い方に対する『見方』が変わったエピソードであった。

時間が有限であることは当たり前のことだが、その大切さに学生であるうちに気づき行動に移せるということはこれからの響さんの人生にとって大きな財産になるであろう。

人生の中でどんな人に出会ったかというのは、その人の人生を大きく左右するものとなる。

そんな気づきを与えてくれた環境でバスケットボールができることに大きな誇りを持っていることだろう。

響さんが教えてくれた、『特別なことをするために特別なことをする訳ではない。特別なことをするために普段通りの当たり前のことをする』

というイチロー選手の言葉は、まさに当たり前であることを当たり前のようにやることで成し遂げられることがあるように、

響さんは『時間は有限である』という当たり前であることについて、集合を早くすること、練習にすぐに取り掛かることといった時間を大切に使うことで何か特別なことを成し遂げることができる選手になっていくであろう。

Hibiki4

『最後まで決して諦めず、チームに声をかけ続けられる自分になること』

Hibiki5

響さんの得意としているプレーは何かと聞いたところ、

「スピードから相手を抜き、ジャンプシュートを打つこと。

これからはドリブルを安定させて相手に取られないようにすることを磨いていきたい。ボールを絶対に取られない安定力を持つ選手になりたい。」

と自分の得意としている点や課題点についてもはっきりと答えてくれた。

多くの選手は自分の課題点は出てくるものの、得意としている点をはっきりと答えられる響さんは、自分の強みを伸ばして大きく成長していく可能性を秘めていると感じた。

そんな響さんも、初めてエルトラックのキャンプに参加したときにはなかなか自分から声を出したり、友達に声をかけたりすることができなかったという。

とても不安な環境の中でも友達ができ、それから自分に自信が持てるようになったという。

今では自分から積極的に声をかけるようになったそうだ。

Hibiki6

自分に自信を持ち、自分から仲間に声をかけたり、チームの練習の中で声をかけられるようになってきたが、なりうる最高の自分を目指す響さんはさらに上を見据えている。

『自分が出したい時に声を出す』のではなく『チームが落ち込んでいるときに声をかけられる』といった、チームが必要としているときこそ声を出せる選手、声をかけられる選手を目指すと力強く答えてくれた。

『最後まで決して諦めず、チームに声をかけ続けられる自分』
これが、響さんにとってのなりうる最高の自分である。
今後、チームの雰囲気をつくり引っ張っていく響さんの姿を見られることがとても楽しみである。
H4hsyuugou
PROFILE

名前:山崎 響(ヤマザキヒビキ)

生年月日:2007年11月2日生まれ

出身:千葉県千葉市

PHOTO_篠原 有紀子TEXT_萱沼 美穂