L「バスケットボールでは、ボールを所有しているオフェンスチームがシュートに行かなければならない制限時間が設けられているわ。」

E「その制限時間が、24秒だね!」

24秒

L「コート上でプレーヤーがボールをコントロールしたときから、24秒以内にシュートを打たなければならないルールになっているのよね。」

E「24秒が計測され始めるのは、ボールをコントロールしたときやスローインの場合は スローインされたボールに正当に触れたときとされているよ☝🏻

だから、ただボールに触れただけでは24秒の計測は始まらないということに注意しなければならないね🤔」

L「24秒以内にシュートをしなければならないから、24秒経過したブザーがなる前にとにかくシュートを放てばいいのよね👍🏻」

E「シュートとみなされるためには、

ショットクロックのブザーが鳴る前にボールがプレイヤーの手から離れていること

それに

ボールがぞのプレイヤーの手から離れたあと、リングに触れるかバスケットにないること

この2つが満たされていないとシュートとみなされないんだ🙁」

シュート2つの条件

L「自分が『シュートを打った!』って思っても、シュートの動作をしたのであっても、ボールがリングに触れず、バスケットに入ることなくエアーボールをしてしまったら、それはシュートとみなされないということ!?😳」

E「シュートの動作っていうのは、『プレーヤーが片手または両手でボールを持ち、その後、相手チームのバスケットに向けて投げること』をいうけれど、24秒ルールの中ではその動作ではなくボールの行方がどうなったかで判定されるということだね💡」

シュートを打ったつもり ラック驚く

L「ボールの行方ね…

24秒終了間際にボールを放って、ボールが空中にある間24秒経過のブザーがなってしまったら、それはもう24秒のバイオレーションになってしまうの?」

E「ボールが空中にある時にブザーがなったとしても、やっぱりその後のボールの行方によって判定が変わってくるよ。

【放ったボールがバスケットに入った場合】

シュートは成功。バイオレーションにはならずブザーは無視される。

シュート成功

【ボールがリングに触れるがバスケットに入らなかった場合】

バイオレーションにはならずブザーは無視されてゲームは続行される。

このとき、ボールをコントロールするチームによってショットクロックを24秒で始めるか、または14秒で始めるかが変わってきます。

リセット

【ボールがリングに当たらなかった場合】

バイオレーションになる。

しかし、そのボールを相手チームが速やか且つ明らかにボールをコントロールした場合はブザーは無視され、ゲームは続行される。

24秒バイオレーション

となっているよ!」

L「結局ブザーがなったら全てバイオレーションというわけじゃなくて、審判が笛を鳴らして判定したら、バイオレーションの成立、鳴らさなったらそのままゲームが続行されるということなのね。」

E「そうだね☝🏻

TOのブザーはゲームクロックやゲームを止めるものではないし、ボールをデッドにするものでもないから、ブザーが鳴ったからといってプレーを止めてしまわないようにしよう😉」

L「その他のバイオレーションやファウルにも言えることだけれど、プレーを判定するのは審判であって、プレーヤーが勝手に判定してプレーをやめてしまうことのないように気をつけないとね🤔」



ルールについてのお話

バックナンバーはこちら💁


いつもありがとうございます♪