L「バックコートバイオレーションの移り変わりを勉強して、バスケがルールと一緒に進化していることがよくわかったね☝🏻」

E「このバックコートバイオレーションは近年でさらに改良を重ねているから、改めて現行のルールを確認して整理しようか😁

まず、コートの割り振りについて、バックコートとフロントコートの考え方から見ていくと、

【バックコート】

自チームのバスケットの後ろのエンドライン、サイドライン、センターラインで区切られたコートの部分をいい、自チームのバスケットとそのバックボードの内側の部分を含む(裏側以外)

※センターラインはバックコートの一部

【フロントコート】

相手チームのバスケットの後ろのエンドライン、サイドライン、センターラインの相手のバスケット側の端で区切られたコートの部分をいい、相手チームのバスケットとそのバックボードの内側の部分を含む。

コート割り振り
【バックコートに返すことのバイオレーションのルール】
フロントコートでライブのボールをコントロールしているチームは、ルールに違反してバックコートにボールを返してはならない。
【ルールに違反した時の罰則】
バックボードの裏以外の場所で、違反が起こった場所から最も近い位置で相手チームにフロントコートからのスローインが与えられる。
スローインの位置

L「『フロントコートでライブのボールをコントロールしている』ってあるけれど、じゃあもし、片足だけがフロントコートに入っている状態でドリブルをしていたら、これはバイオレーションになるの?」

E「フロントコートでライブのボールをコントロールをしている状況を定義しているからそれも併せて見てみよう💡

【チームがフロントコートでライブのボールをコントロールしている】
片足フロントコート
両足がフロントコートに触れたそのチームのプレイヤーが、ボールを持っているかフロントコートでドリブルをしている。あるいはそのチームのフロントコートにいるプレイヤー同士で、ボールをパスしている状況

としているよ!」

L「なるほどね。片足がフロントコート、もう片足がバックコートに触れている状態だとまだバックコートにいるということになるのね🤔」

足の置き場

E「どんな状況だとボールがバックコートに返ったことになるかについても明記されているよ。」

【ルールを違反してボールがバックコートに返ったことになる状況】

フロントコートでライブのボールをコントロールしているチームのプレーヤーが、フロントコートで最後にボールに触れ、次にボールが、

・体の一部がバックコートに触れているそのチームのプレーヤーに最初に触れた場合。あるいは

・そのチームのバックコートに触れたあと、そのチームのプレーヤーに最初に触れた場合

バックコートバイオレーション1
バックコートバイオレーション2

E「ボールがバックコートに触れた後にたとえフロントコートにいる味方にパスがつながったとしてもバイオレーションになるよ☝🏻」

バックコートバイオレーションジャンプ1
バックコートバイオレーションジャンプ2
バックコートバイオレーションジャンプ3

L「もし、両足がフロントコートに触れていて、ドリブルしているボールだけバックコートにあるときはどうなるのかしら?」

両足フロントコート

E「それはまだフロントコートでドリブルをしていることにはならないから、バックコートバイオレーションにはならないよ!

このドリブルが、コートに触れたあとにそのチームのプレーヤーに触れるとバイオレーションになるね。

このバイオレーションはスローインの時にも適用されるから注意が必要になるんだ!」

L「そうね、スローインで審判からボールを受け取った時点でボールの状態が『ライブ』になるから、フロントコートからのスローインでバックコートに触れているプレイヤーが最初にボールに触れてしまうとバックコートバイオレーションになってしまうということね😊」

スローインバックコートバイオレーション
スローインバックコートバイオレーション2

E「じゃあここでラックちゃんにクイズ!

Aチームがフロントコートからのスローイン、Bチームが自分たちのフロントコートからジャンプして、空中でボールを新たにコントロールして、その後バックコートに着地した場合はバイオレーションになる?」

L「複雑なケースね…まず、空中でボールをコントロールしたBチームの人はボールをコントロールした時点でフロントコートにいたことになるわ。

そして、着地したのはバックコートになるからバックコートに返ったことになるわね!

あ、でも待って!

バックコートバイオレーションは、『フロントコートでライブのボールをコントロールしているチームのプレーヤーがフロントことで最後にボールに触れて、次にボールがバックコートに触れているチームのプレーヤーに最初に触れた時』に適用されるのよね。

そもそもAチームのスローインだったからバックパスバイオレーションにはならないはず!」

E「そういうことだね!

プレーヤーがフロントコートからジャンプして、空中でそのチームが新たにボールをコントロール、その後ボールとともにバックコートに着地した場合には適用されないということになるよ👍🏻」

L「センターライン付近でこれだけの複雑な攻防が繰り広げられていくんだから、ルールもどんどん進化していくんだ🥺

ちゃんとルールを理解して、整理しておくことで戦術の幅も広がるかもしれないわね!」



ルールについてのお話

バックナンバーはこちら💁


いつもありがとうございます♪