8月14日(土)19:00~20:30 開催!

テーマ「シュート技術のロバストネス(外部要因に影響されにくさ)
を磨くというコンセプトについて」

代表の鈴木が現在取り組んでいるシュート指導の新しいコンセプトについて取り上げます。
これまで、ボールの持ち方、構え方、フットワークなど、シュートが乱れないような工夫や技術論を紹介してきましたが、今回は「乱れに強くなる」というコンセプトの技術論、練習法についてです。
このコンセプトを整理することによって、フォームシューティングとゲームシューティングという「基本」と「実戦」の間にある技術の構造を整理していきます。特に、中上級者に向けたシュート指導、スポットのシューティングは確率よく入るのに動きのあるシューティングにすると確率が大きく下がるという選手への指導に課題感を持っている指導者の方々におすすめです。
参加費 1,980円(税込) 定員 50名

8月16日(土)19:00~20:30 開催!

テーマ「教育と経営とコーチング
~社会の変化に対して、子どものスポーツの指導者に何ができるか~」

私はビジネス書から学んだエッセンスをコーチングに生かすことが多いのですが、ここ数年のビジネス書の傾向として、資本主義や能力主義に対しての問題提起がテーマのものが多く出版されていると感じています。
それらの内容を読むと、やはり資本主義や能力主義はスポーツの世界との接点が色濃く、社会が変化していけば自ずとスポーツ界にも影響が出てくるのは間違いありません。
社会が変われば教育も変わります。
特に、育成年代を指導する指導者の方々にとって、教育は切り離せないテーマです。
社会の変化に対して、我々育成年代の指導者はどのように物事を捉え、どのように行動していくべきなのでしょうか。
勝敗、成果、生産性、能力の向上といった尺度がもし価値を失うとしたら、スポーツは何を子どもたちにもたらすのか、そして指導者は何を子どもたちに提示できるのか、ここに挑戦したいと思います。
参加費 1,980円(税込) 定員 50名

【確認事項】 ■開催方法 「ZOOM」というアプリを用いて行います。 ■ZOOMについて★Zoomをあらかじめダウンロードしてください。 ★ネットワーク環境が安定した場所でご参加ください。 ★参加者の方同士で意見交換をする時間(ブレイクアウトルーム)もございます。 ★迷惑行為等の判断をした場合は、参加を解除させて頂きます。 その際の返金は行いません。


▼3月のウェビナーの様子はこちら▼

▼過去のウェビナーの様子を知りたい方はこちら▼


オンライン講習会参加者様の声

海外育成ウェビナーページはこちら