ラック「試合の始まりはジャンプボールで始まるけれど、第2クォーターからはジャンプボールはしないでどっちかのチームのスローインで始まるよね。」

エル「そのスローインはポゼッションでどっちのボールか決まるんだよ!ね、じゃっぴ😁」

じゃっぴ「ちゃんと知っているっぴね👍🏻

ちなぴにエルくんの言っているポゼッションっていうのは『オルタネイティングポゼッション』☝🏻

これは交互にボールを所有するっていうことぴ😊」

ラック「正式にはそういう名前のルールなんだ💡

TOのスコアラーをしているときに、矢印と「POSS」って書かれた表示を担当したけれど、それが『オルタネイティングポゼッション』というものね☝🏻」


エル「ボールの取り合いになったときにはその矢印を見てスローインの方向が決められていたな🤔

あ、そういえば前にボールがリングの上に載っちゃったことがあって、そのときにもポゼッションの矢印を見てスローインから試合が再開されたよ!」

じゃっぴ「オルタネイティングポゼッションで試合が再開される場合はジャンプボールシチュエーションになったときなんだぴ☝🏻」

エル「ジャンプボールシチュエーションね…スローインなのにジャンプボールシチュエーションって言うのは昔の名残なのかな…🤔」


じゃっぴ「そうかもしれないぴね😃

昔はボールの取り合いになったり、ボールの所有が決まらないときにはジャンプボールで試合が再開されていたっぴからね☝🏻

ジャンプボールシチュエーションにはいろいろな状況があるから整理していくぴ📝」

ジャンプボールシチュエーションのスローインとなるとき

  • 第1クォーター以外のすべてのクォーターやオーバータイムが始まるとき
  • ヘルドボールが宣されたとき
  • 誰かが最後に触れてボールがアウトオブバウンズになったか審判に確証がなかったとき、あるいは審判の意見が一致しなかったとき
  • 最後のフリースローが成功しなかったときに、両チームのプレーヤーがフリースローのバイオレーションをしたとき(ダブルフリースローバイオレーション)
  • ライブのボールがリングとバックボードの間に挟まったりのったりしたままになったとき

ラック「どちらのチームもボールをコントロールしていなくてボールの所有が明確じゃないときとか、ボールを与えられる権利がどちらにもないときにジャンプボールシチュエーションになるということね😯💡」

エル「うん、このルールがあればケンカにならないで両チームにとって公平に試合が進められるね!

だからこそ、TOのときにはポゼッションを間違わないようにしないと…

責任重大だぁ…😨」

じゃっぴ「大丈夫ぴ👌🏻✨

審判も気を配ってくれるし、みんなで力を合わせて試合を成功させるんだぴ✨」

参考:日本バスケットボール協会「バスケットボール競技規則」


あわせて読みたい記事

友だち追加