ラック「バイオレーションには今まで勉強してきたトラベリングやバックパス、時間制限以外にもいろいろあるよね☝🏻」

エル「コートのラインにボールが触れて、ボールがコートの外に出るのもバイオレーションの一つだよね?」

じゃっぴ「それはアウトオブバウンズのバイオレーションぴ👍🏻」


ラック「アウトオブバウンズ…

ちょっとむずかしい言葉だわ…🤨」

じゃっぴ「バウンズっていうのは「境界」とか「制限」という意味で、アウトオブバウンズは「境界の外」ということになるぴ。

バスケは28m×15mの長方形で囲まれたコートでプレーするぴ。

そのコートの境界線より外側をアウトオブバウンズ、内側をインバウンズというぴよ😊」


エル「なるほど、アウトオブバウンズのバイオレーションは、コートの外でプレーしてしまう反則っていうことだね💡」

ラック「それに、ボールがコートの外に出てしまうのもアウトオブバウンズのバイオレーションになるよね☝🏻」


じゃっぴ「そうぴ。

アウトオブバウンズにはプレーヤーのアウトオブバウンズとボールのアウトオブバウンズがあるぴよ🤔

じゃあ、くわしく見ていくぴ!

プレーヤーがアウトオブバウンズになる

  • ボールがアウトオブバウンズになっているプレーヤーやプレーヤー以外の人に触れたとき
  • 境界線に触れているまたは境界線の外のフロアに触れているプレーヤー以外の人や物に触れたとき

ボールがアウトオブバウンズになる

  • ボールがアウトオブバウンズになっているプレーヤーやプレーヤー以外の人に触れたとき
  • ボールが境界線や境界線の外のフロアに触れたとき
  • ボールがバックボードのサポート部分、バックボードの裏側またはコートの上方に設置されたものに触れたとき

こうやってそれぞれのアウトオブバウンズが定義されてるぴ☝🏻」

エル「『境界線に触れたとき』っていうことは、ライン上はコートに含まれないっていうことだね💡」

じゃっぴ「そういうことだぴ。

ボールがラインに触れたということはコートの外側に触れたということになって、アウトオブバウンズのバイオレーションになるぴ👍🏻」

ラック「アウトオブバウンズのバイオレーションになったときは、バイオレーションの罰則だからそれが起こった場所から最も近い位置で相手チームにスローインが与えられるんだったよね?」

じゃっぴ「ファウルとバイオレーションで学んだことぴね✨

バイオレーションの罰則は基本的に違反が起こった場所から最も近い位置で相手チームにスローインが与えられるぴ。」

エル「ねえじゃっぴ、例えば、ボールが審判にぶつかってアウトオブバウンズになったら、どっちのチームのスローインになるの?🤔」

じゃっぴ「ルールでは、『ボールがプレイヤー以外の人や物に触れてアウトオブバウンズになったときは、アウトオブバウンズになる前に最後に触れたプレーヤーがボールをアウトオブバウンズにしたことになる』ってなっているっぴ☝🏻」

エル「『コート内で最後に触れたプレイヤー』っていう部分が鍵になりそう!

リングに当たってその後誰も触らずにアウトオブバウンズになったときは、最後にボールに触れた人がアウトオブバウンズにしたことになるということだ💡」

ラック「でも、最後にどっちが触れたかわからない場合もあるよ?😳」

エル「それはどんなとき?」

ラック「ほら、2人で取り合いになっているときにラインを踏んじゃうときってあるでしょ?それって踏んじゃったほうがバイオレーションになるのかな?」

じゃっぴ「そういうときは、バイオレーションにはならないで、ジャンプボールシチュエーションになるっぴ!

ルールとしては、『ヘルドボールの間に一方のプレーヤー、あるいは両方のプレイヤーがアウトオブバウンズになった場合、ジャンプボールシチュエーションになる』としているぴ☝🏻

これは、フロントコートからバックコートに触れてしまった場合にも同じことが言えるぴよ😃」

ラック「やっぱり『コート内で最後に触ったプレイヤー』がどっちかというのが決め手になるね!😊

ボールがコートの外に落ちていない間はアウトオブバウンズになっていないんだから、最後まで諦めずにボールを追いかけることってとっても大切!💥

もしアウトオブバウンズになったとしても、最後まで諦めない気持ちがチームの士気を盛り上げてくれるに違いないわ!😤✨」

参考:日本バスケットボール協会「バスケットボール競技規則」/プレイコーリングガイドライン


あわせて読みたい記事

友だち追加