ラック「動きを鍛えていくために、股関節を主に動かすヒンジのトレーニング、股関節、膝関節、足関節の3つの関節を連動して動かすスクワットのトレーニングについてやってきたよ😊

今回はSKBのトレーニングの質を高めていこう!」

エル「おさらいしておくと、SKBは『Small Knee Bend』のことで、小さく膝を曲げる動き💡この動作は、股関節をは曲げないで膝を小さく曲げることで足首の動きを高めるトレーニングになるんだったね☝🏻」

ラック「SKBでは基本のたての動き、そして回旋の動きをトレーニングしていくよ👍🏻」

エル「ふふ、SKBは僕の得意分野😏✨
はりきっていこー!」

SKBの動きの質を上げよう!

やっていることと、やっていると思っていることのギャップが生まれないように注意しましょう!
ブログ「やっていることとやっていると思っていることのギャップ」について

たての動き

両足のSKB(基本のSKB動作)

片足のSKB

【姿勢のPOINT!】

  • 体幹と骨盤を一直線に保つ(前傾姿勢や股関節が曲がらない後傾に注意する)

回旋の動き

ローテーション
やり方:片足のSKBから肩と骨盤を同時に開く

【POINT!】

  • 膝を安定させて、股関節で動く
  • 膝は常に正面を向いているようにして、膝と股関節の動きを分離させる
  • 膝だけで開こうとしてしまわないように注意する

エル「SKBの動きは得意だけれど、結構膝にくるんだよね😥」

ラック「膝がつま先より前に出ている状態になるから、膝に負担がかかってしまうんだろうね😵‍💫」

エル「でもさ、そう考えるとSKBのトレーニングって膝に負担がかかるからやらないほうがいいんじゃないかな?」

ラック「膝に痛みが出るのは好ましく思わないよね😔
だからやらない方がいい!って、単純に考えるとそうだけど、このSKBの動きって鍛える必要のないものかしら?
立ち上がる動きや走っている時の足の動きって膝が爪先より前に出る姿勢になっていて、日常でも運動をしている時にも必要な動作よね。」

エル「確かにそうだな…。日常の動作が自体重でできないんじゃあ、バスケをしている時なんか自在に体を動かせるはずがないよね🤔
このSKBの動きができないことで、膝に負担がかからないかもしれないけれど、その分どこかに膝の分の負担がかかってしまっているんじゃないか!?😳」

つづく

参考:JBAライブパフォーマンスセミナー


あわせて読みたい記事

友だち追加

最新の記事