TOYトップ

BEST DRILL賞① 加賀屋圭子指導員 ドリル名『ディフェンス超能力ドリル』

ベストドリル賞

『ディフェンス超能力ドリル』

ディフェンスの反応を高めるドリルで、バスケットボールを始めて間もない選手、ディフェンスのイメージがなかなかつかめない選手におすすめです。

ディフェンスの姿勢をとり、2人一組で正面に向かい合います。2人のうち、1人は「超能力者」役、もう1人は「一般人」役になります。

一般人役の「せーの!」の掛け声で、一般人役は左右どちらか一歩横にジャンプするので、超能力者役も一般人役が左右どちらに動くか予測して、ぴったり同じタイミングで横に移動します。ディフェンスのキックスライドのようなイメージです。

超能力者役が予測を当てて、一般人役に遅れず鏡のように動ければ成功です。

超能力者役が3回予測に失敗したら交代するなど、2人の役を交代しながら何度も行っていきます。


今回の受賞の感想をお願いします

純粋に嬉しかったです!

そしてファンドリル書籍第2弾がいつでも出せるように準備しておこうと思いました。


今回のベストドリル考案にはどのような背景やきっかけがありましたか?

ディフェンスのボディアップの練習ですが、まだディフェンスのフットワークを覚えていなかったり、体のぶつかり合いが苦手だったりする子どもたちでも、オフェンスの動きを読んで反応する能力は高めていきたいと思ったことがきっかけです。動く前には予備動作がありますのでその僅かな動きをみて動くことが大切になります。

練習の内容は、相手の動きと同じ動きをするだけのシンプルなものなので、場所も取らないし道具もいりません。

動きを読む方を「超能力者」、読まれる方を「一般人」という設定で、超能力者は3回失敗したらクビという設定でやっていますので笑いながらできます。 だいたい一般人はフェイクをするようになりますね。

発展もいろいろできますので、それぞれで工夫してぜひとも使ってください。


普段ドリルを考案する時に、アイディアとして参考にしているものなどありますか?

以下のものを主に参考にしています。

・レクリエーションのアイディア

・小学校体育の教材

・色々な指導員の練習を見て


今年度の抱負をお願いいたします

今回の超能力ドリルのように、シンプルでわかりやすくて効果絶大なドリルを5個くらい思いつきたいです。

加賀屋圭子指導員

詳しいプロフィールはこちら