E「ラックちゃん、今日の朝もコーンフレーク?」

L「そうよ☺️私、最近コーンフレークにハマっちゃってね♪」

E「あの漫才コンビから火がついたね😃
ラックちゃんは流行に敏感だよなー。」

ミルクボーイ

L「ただ流行しているからだけの理由じゃないのよ?

コーンフレークにはちゃんと必要な栄養が含まれていているの。
ちゃんと栄養のバランスも考えて食事は摂らないとね✨」

E「栄養のバランスねー🤔 ぼくも考えてないことはないけれど、
とりあえず、ごはんパン麺とかの主食と、お肉、魚、野菜のおかずはしっかりと食べないといけないとは思っていたけど」

L「バスケットが上達するためにも、丈夫な体が必要になるよね。
私たちの体を作っているのは日々の食事で、丈夫な体になるためにも、どんな栄養素を摂るべきかっていうことまで知っておいた方がいいわね。」

E「じゃあ、僕たちは朝ごはんどんなものを、どれくらい食べた方がいいんだろう?」

L「私は『明治の食育』っていうウェブサイトを見て勉強したわ✊

人は睡眠中に体温が低下しているの。
朝食には、その低下した体温を上昇させて、休んでいた脳や身体機能をウォーミングアップさせる効果があるみたいね🔥
朝食を抜いてしまうと、朝起きたときのエネルギー代謝が低い状態が午前中いっぱい続くことになってしまうの。
これでは、練習の能率も勉強の集中力も上がらないわね😧
朝ごはんは体にとって一日のはじまりを知らせてくれる目覚まし時計のような役割を持っているとのことよ👍

朝食抜き

じゃあ、どんな朝ご飯を食べればいいかというと、
まず、おさえておきたいポイントは3つの栄養素

・「炭水化物」
・「タンパク質」
・「ビタミンやミネラル類」

をとる必要があるみたいね。」

E「あ💡僕も聞いたことがあるよ!
炭水化物はご飯、パンや麺類から摂れて、タンパク質は牛乳、ヨーグルト、卵、チーズから摂ることができる。
ビタミンやミネラルは・・・フルーツかな?」

3つの栄養素

L「ビタミン、ミネラルは野菜からも摂ることができるわね😉

一日の大切なエネルギー源のひとつとなるのが「炭水化物」
朝の体温を上げて、身体を目覚めさせてくれるのが「タンパク質」
摂取した栄養素を分解して、身体の調子を整えてくれるのが「ビタミンやミネラル類」

3つの栄養素のはたらき

これらをバランスよく摂れば、1日元気に過ごせそうね💪✨」

E「ふむふむ。これらをバランス良く摂れるように朝ご飯を考えれば、バスケでも当たり負けないし、疲れない丈夫な身体をつくることができるんだね😄」

L「ほら、コーンフレークの栄養表示を見てごらん。

炭水化物、ビタミンが摂れて、女の子に不足しがちは「鉄分」も摂ることができるのよ✨これに牛乳やヨーグルトをかけて食べれば、朝ご飯はバッチリね👍
フルーツを入れてみたり、はちみつを入れてみたり、チョコレートソースを入れてみたり。
いろいろと味変も楽しめちゃうしね♪」

E「コーンフレークってお菓子みたいだから栄養価が高くないものだと思っていたけれど、ちゃんと栄養のバランスが考えられて作られているんだね🙌」

L「すぐに食べられるし、忙しい朝には大活躍!🌞」

コーンフレーク

E「でも本当にコーンフレークだけで栄養は足りるのかな??🤔
結局バランスが大事だし、どのくらいのバランスや量で栄養を摂ればいいのかな?」

L「じゃあ次はどのくらいの量を食べるのがいいのかを探ってみよう!😄」



子どものスポーツのすすめのお話

バックナンバーはこちら💁


いつもありがとうございます♪