ERUTLUC MODEL PLAYER表紙

バスケットボールが大好きな小中学生の皆さんへ

<ERUTLUC MODEL PLAYER 高畠選手の練習レポート(6)>

みなさんあけましておめでとうございます!
今年もライジング福岡#31 高畠 佳介をよろしくおねがいします!さて、今年の一年の抱負をみなさんは決めましたか?

私は、慣れない書初めを書きまして今年の一文字の抱負を決めました!

それは、「心」です。

この意味としては、まずはバスケットボールができることや人に対して感謝の気持ちや謙虚な気持ちを常に持つことを意識するための心。次に相手の気持ちや心を理解して行動や助けれるようにすることの心。そして、いつでもポジティブに積極的に行動できるように強い心を常にもつようにするための心。あともうひとつは課題である安定させるメンタル力の心です。

たくさんの自分への目標ややり遂げたいことやなりたい自分になるための行動をしたいと思っての総括が心になったという結論です。

最後の安定させるメンタル力は前回までのずっとメンタルの話したと思います。いつでも平常心の自分でいていつでもベストパフォーマンスができる選手になりたいからこその課題なのです。すべてはなりうる最高の自分を目指すために慣れない書き初めを書いて今年の一文字にしました。

みなさんもぜひ、今年の目標や僕のように一文字で表現するようなこと書いて日々を過ごしてみてください!

takahata_prof2-2
年始の書初め
1月の試合は、出場機会もあまりもらえず苦しい日々が続いていましたが、毎日コーチに認めてもらえるように一生懸命コーチの求めていることを意識して練習に取り組み、試合では出たときには必ずなにか仕事をしてベンチに戻るようにしていました。

そうすると1月の最終週にチャンスが来ました!それはスターティング5だったのです。とても嬉しかったことが本音です。また同時に緊張も尋常じゃないほどありました。しかし、それ以上に楽しみでしかありませんでした。やっと自分が準備してきたものを存分に最初から見せれると思いました。それがダメだったら交代させられる。良ければ続投される。結果は単純でした。なので、僕はとりあえず楽しく自分が出来る事を精一杯やりました。その結果、試合には負けましたが1日目15分2日目13分と今までにはないほどのプレータイムをもらいました!

これは、本当に感謝しかなかったです。

スタートメンバーで出場 ライジング福岡選手の皆さん
みなさんにも理解してほしい。苦しいときはみんなありますがチャンスは必ずきます。そのために我慢して我慢して準備しましょう。その我慢の時間代こそがあなたを成長させてくれると思います。一日一日しっかり大事にしてほしいです。そして、チャンスがきたとき自分らしく精一杯やってください!これが僕がこのときに感じたことです。

また、今度はこれからまた違った勝負だと思いました。このプレータイムに満足せずに貪欲にこれからもやること。自分に驕らず考えて行動・言動をすることです。チームメイトともプレータイムの取り合いの勝負があります!だからこそこれからも貪欲にプレータイムをしっかりもらえるように練習からハードにしてアピールしていくことが課題です!

心が今年のテーマです。ここでもまた心ともいう気持ちが大切ですね。試合にでたからと気を抜いていたらまた同じ繰り返しなのでこれをより増やせるように謙虚な気持ちでこれからも僕は前も進んでいきます!
これからもどうぞ僕の成長を見守ってください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ライジング福岡 高畠 佳介

1月のスタッツ

プレータイム

30分

ポイント

15得点

3ポイント

4/9 44%

2ポイント

1/2 50%

フリースロー

1/1 100%

リバウンド

アシスト

スティール

ターンオーバー

氏名 高畠 佳介 (たかばたけ けいすけ)
所属チーム bjリーグ ライジング福岡 #31
ポジション ガード
生年月日 1990.3.17
出身 滋賀県
身長/体重 183cm/83kg
経歴 滋賀県立草津高等学校→びわこ成蹊スポーツ大学
→滋賀レイクスターズ練習生(2011-2012シーズン途中より)

▼ERUTLUC MODEL PLAYERについて
ERUTLUC MODEL PLAYER第一号が誕生しました!

▼ライジング福岡の選手紹介ページ
http://rizing-fukuoka.com/sensyu.html