ERUTLUC MODEL PLAYER表紙

バスケットボールが大好きな小中学生の皆さんへ

<ERUTLUC MODEL PLAYER 高畠選手の練習レポート(3)>

 みなさん、こんにちは!
シーズン開幕しました!そして、その一ヶ月間の気持ちと行動を書きたいと思います!

開幕して、今までやってきたことを出す時がきました!
緊張しますか?と聞かれたらそりゃします!でもそれを楽しみます!
今ここでできることに感謝して取り組みました!

しかし、開幕からヘッドコーチが家庭の事情で不在というアクシデントから始まってしまいした。そんな中、僕は今までやってきたことを出すためにしっかり準備して試合に入りました。

その結果、今シーズン初の試合で点数を決めれました。昨シーズンでは、なかなか点数をとることを難しかったのが今シーズンは最初の試合から点数を決めれたことは自分の中での試合の入り方ややってきたことがあっていたのだと思いました。

しかし、人生うまくはいきません。二日目は、出番がありませんでした。そして、試合が毎週続くことに出場時間が少ししかもらえなかったり急に10分でたりとバラバラのプレータイムで一ヶ月を過ごしました。

そこで、僕自身は満足できずただただ悔しさを感じていました。
プロ選手だからこそ、活躍すればプレータイムがほしいし、プレータイムが少なかったり出番がなかったりすると悔しさしか感じれませんでした。

takahata_prof2-2
高畠佳介  また、ヘッドコーチには8月・9月とアピールしてきてプレシーズンマッチなどはやってきたことをしっかりアピールして出場していたのがヘッドコーチ代行になってからは出番がとても少なかったり出場がなかったりとでやってきたことは意味がなかったのか?なぜなんだ?と葛藤してしまい僕は考える日々が少しだけ続きました。

でもここで、イライラしたりいろいろ考えても一緒だと思いました。今の状況をしっかり受け止めて今はヘッドコーチは不在で代行だから違う人がやっている。だからこそその人が求めることをやろう!

なぜ10分というプレータイムが急にもらえたのかなど考えました。それは、出場したときの最初のプレーでシュートを確実に決めてディフェンスなどリバウンドとハッスルすることでした!

なので、出場したときの最初のシュートを意識して練習から取り組みました。練習では、フリーのシュートは外さないように意識することや数少ないチャンスをモノにできるように意識しました!
あとは、日々同じシュート・同じシュートフォーム・同じフォーロースルー・同じスタンスを意識しました。

 試合で意識していますが、全ての試合がうまくはまだいきません。それは、僕の準備不足なのか練習不足なのかは考え中です。日によってスリーポイントの確率が良い日とまったくダメな日と安定していません。僕が目指すシューターにまだまだ届けていないことがスタッツを見てもわかりました。スタッツは文の最後の下のほうに書いているので見てください。

そして、気持ちの面がまだまだぶれていることからも原因だと思っています。最初のシュートを決める!という気持ちが強くなってしまい、プレッシャーになってしまうこともあります。

いつも自分らしく冷静に心がけているのですが毎日同じように気持ちをもっていくことはまだ難しいです。いつでも同じ気持ちをもっていけるようにすることが勉強中です。この文章を読んでいただいている方々もわかるように僕自身まだまだです。

みなさんもこういった悔しいときどうしますか?僕自身が感じた一ヶ月の気持ちや葛藤を書いてみました。

でも、足踏みをしている暇はありません。応援して下さっている皆さんのためにも、全力で前に進んでいきたいと思います!これからも応援よろしくお願いします!

 高畠佳介選手レイアップ

10月のスタッツ

プレータイム

40分

ポイント

16得点

3ポイント

4/14 28.6%

2ポイント

2/3 66.7%

フリースロー

0/0 0%

リバウンド

アシスト

スティール

ターンオーバー

氏名 高畠 佳介 (たかばたけ けいすけ)
所属チーム bjリーグ ライジング福岡 #31
ポジション ガード
生年月日 1990.3.17
出身 滋賀県
身長/体重 183cm/83kg
経歴 滋賀県立草津高等学校→びわこ成蹊スポーツ大学
→滋賀レイクスターズ練習生(2011-2012シーズン途中より)

▼ERUTLUC MODEL PLAYERについて
ERUTLUC MODEL PLAYER第一号が誕生しました!

▼ライジング福岡の選手紹介ページ
http://rizing-fukuoka.com/sensyu.html