E「よし、このあとはどうなるのかな?ドリブルからのシュートはいつからOKになるんだろう🤔」


L「あれ?ドリブルの自主練は?」


E「この本を読み終えたらするよっ✊この本を読み終えたらもっとドリブルが上手になる気がするんだ😆!」




ドリブルに関するルールの変遷つづき

ルール 変更の理由 結果
【1903年〜1904年】 1回ずつボールをフロアに弾ませて進むプレイは、ドリブルとみなす。その際、ボールをこぶしで叩いてはならない。 プレイヤーが、ボールを1回ずつバウンドさせるのを繰り返しながら、長時間、ボールを保持し続けることをさせないため。また、ボールをこぶしで叩きそこなって他のプレイヤーを叩くおそれがあるのでこれも防ぐため。 ボールをバウンドさせながら、それを繰り返し続けることはなくなった。左右の手を交互に使って、片手でドリブルするようになった。けが人やこぜり合いが減少した。
【1904年〜1905年】 ドリブルとは、プレイヤーが片手もしくは、両手で、1回以上ボールを弾ませ、その間に2歩以上進むプレイを言う。 ドリブルの明確な定義がなく、あいまいだったので、審判、プレイヤー、コーチにはっきり認識させるため。 ドリブルに対する統一見解ができた。
【1905年〜1906年】 ドリブルとは、プレイヤーが投げる、バウンドさせる、叩く、転がすのいずれかの方法によってボールを弾ませ、さらに、そのボールに他のプレイヤーが触れるまでの間に、そのプレイヤーが片手または両手で1回以上、そのボールに触れた場合を言う。 より明確な定義を必要とする場合が起こったため。 1904年〜1905年の定義では、まだ混乱が残っていた。 ドリブルの定義が、より明確になった。
【1908年〜1909年】 ルールに違反しないドリブルとは、そのドリブルが連続しておこなわれている場合とする。 ドリブルを途中で止めて、ボールを片手で隠し持ち、ドリブルをふたたび始めるというように、ディフェンスが一方的に不利にならないようにするため。 ドリブラーの有利さが減り、逆にディフェン側が有利になった。したがって、プレイヤーはあらたなドリブル技術を開発する必要性が生じた。
【1911年〜1912年】 ボールを片手で持つか、両手でボールに触れるまでの間はドリブラーは、いかなる方法で、いかなる方向にもドリブルしてよい。 ドリブルの制約が厳しすぎるので緩和するため。 ドリブルの重要性が広く理解された。多くのチームがシュートやパスよりもドリブルの大切さを強調するようになった。
【1915年〜1916年 】 ドリブルのあと、シュートをしてもよい。 巧みなドリブルで相手を抜き、かわしたあと、シュートをしても認められていなかったため。 得点が増えた。ドリブルのあとのプレイが続くようになった。

引用:バスケットボール指導教本



L「1903年からはかなり今のドリブルに近づいてきたね!」


E「ボールでこぶしで叩いてはいけないっていうルールは今でもあるよね。なんでこぶしで叩いたらいけないのかな?テクニカルファウルになるのかな?って思っていたけれど、やっと納得できたぞ😆」



L「1905年のルールは、今のドリブルのルールとかなり近いんじゃないかしら?」


E「ラックちゃん、スマホで調べてみるよ👍 バスケ 競技規則 2019年 と…」



E「ドリブルは…あった! 『ドリブルとは、ライブのボールをコントロールしたプレーヤーが、ボールを投げたり叩いたり転がしたりしてフロアに触れさせたり、バックボードを狙ってボールを投げて、ボールを移動させることをいう。』 たって!うん、かなり近づいているね✨」


L「このあたりからドリブルの自由が利き始めて、技術も発展していったのね!」


E「うんうん、今のこのドリブルがあるのは、昔の人の苦労の証だね😭✨」



L「ねえ。かなり今のドリブルとは近づいたけど、ドリブルからシュートはできなかったんじゃないかしら?」


E「そうか!いくら巧みなドリブルをして相手をかわしたとしても、シュートにはいけないのは残念🙄 えっと、ドリブルからシュートが禁止されたのは1901年。そこから解禁されたのは1915年10年以上もかかったのね😲❕」



L「さあ、ここから後半戦!まだまだつづくわよ~😏」


E「ドリブル、おそるべし…(; ・`д・´)」



ドリブルの原点


ドリブルの歴史を辿ろう①


ブログトップへ



バックナンバーはこちら💁