J「さあいよいよドリブルの話に入るぴよ!」


E「よっ!待ってました!😄」


J「ぴボットは何を目的としていたでしょうか?」




L「あたりの強いディフェンスからボールを逃がすため✋!」




J「そうぴね👌2歩目についた足を踏みかえてディフェンスにボールを奪われないようにするためにぴボットが生まれたぴね!でも、ぴボットがルール化されても、ボールの保持者はディフェンスの強いあたりをかわしきれなかったぴ😣」

ピボット バスケ

EL「ほほう…。」

E「今でもそうだけど、パスかシュートしかないってわかっていれば激しくプレッシャーをかけてボールを奪いに行くよね。」

L「スティックね!」
ディフェンス バスケ

J「ぴ👍そこで、ボール保持者はぴボットしている最中に思わずディフェンスから遠い側にボールを軽く放り投げて、そのボールがバウンドしている間に1歩、2歩両足を動かして追いかけ、ボールを保持し直したぴ。」
ドリブル バスケ

L「ほう!ナイスアイディアだね💡ボールを床に弾ませるっていう考えはなかったもんね😊」
E「床から弾んだボールが空中にある間に移動するんだから、「ボールを保持したまま走った」ことにはならないと💡ボールがワンバウンドしている間に位置を変えたても、ルール上大丈夫そうだね!」




J「第3条を見ても大丈夫だぴね👌
その動作を連続させたら、そう簡単にはボールを奪われないぴ!
ここから、コーチ、プレイヤーたちがぴボットに引き続きまた1つ、床から弾んだボールが空中にある間に移動する動作を連続させたら、そう簡単にはボールを奪われない技術「ドリブル」をひらめいたんだぴ😏」

ドリブル バスケ



L「じゃあドリブルも相手からボールを奪われないように守るための技術だったのね!」




E「今でもディフェンスからボールを奪われないようにキープする技術はあるけど、攻撃的なイメージのほうが強いよね〜」


L「そうね、ドリブルしながら移動できるようになったことで、ディフェンスはただボールを奪いに行くだけだとゴールの近くに進まれちゃうから、よりディフェンスも工夫して守らないといけないわね😉」




J「ルールの中で、どうすればゴールまでたどり着けるか、ゴールに行かれないように守れるかを探してみんなバスケットボールをしていたんだぴ。そうゆうふうにしてどんどんバスケットボールは進化していったんだぴね✨」



E「まだ進化を続けるバスケットボール…。かっちょい〜😍」





~つづくかも?~





バスケ起源からルールを考える




審判に興味がある




ブログトップへ






バックナンバーはこちら💁