鈴木良和のバスケットボール指導映像教材新シリーズ 『パス』編がアップデートしました。

バスケットボールの技術や指導を、体系的に、さらにビジネス理論をベースに再構築してお届けする座学《Yoshikaz-Faith》。 その映像に、練習やドリルの実技映像を適宜加えて編集されたのが「今よりもっとうまくさせたい」シリーズです。

エルトラック バスケ 家庭教師 DVD


「ヨーロッパを中心とする最新の情報、ゲームの分析によって、パスの認識を新たにした」 鍵となるのは「スペーシング」。 「パスを再定義する」に続き、スペーシングを身につけるなかでパスをさらに磨いていきます。

VOL. 12 スペーシングでパスを磨く 本編 56’01” Yoshikaz – Faithとは・・・・・ 鈴木良和氏が講師を務める、2008年から始まった年間にわたって展開するラーニングコースの名称です。 Faithは「信念、信条、信義、約束」を意味し、鈴木良和氏が指導にあたって信ずる「原理原則」を体系的に整理するとともに、実践現場での効果を確認し、現場に則した形で落とし込んでいきます。




目次

■パスの事前準備の質
 ・ドリブルからのパス
  肩周りの動きについて
  スマホ病のテスト
  Lドリブル
 ・ボールを持っていない人のポジショニング
 ・ゼロコンタクト パス
  地面に足が着く前のゼロコンタクト
  Def.が動いた結果、Off.がチャンスになる
■パスの正確さに関わる能力
 ・パスの正確さに関わる能力
  レシーバーの身体能力に左右される
  コーディネイティブな刺激を入れたパス練習が必要
■認知と判断を磨く
 ・認知と判断を磨く
  育成年代で認知と判断を伴った技術練習が必要
  脳の発達する時期にしっかり負荷をかけた練習
  認知と判断を伴った実行練習
 ・認知と判断と実行
  サイモン・シネック『Whyから始めよう』
  認知→判断→実行の順序
 ・負荷の設定
  処理能力を超えたものは「思考を停止してパニック」になる
  負荷をコントロールする練習メニュー
  練習のポイント:最適な負荷に合わせる
  認知して判断して技術を変える
 ・判断の場面設定
  チームの使っているOff.やスペーシングをベースに
■スペーシングの基本
 ・スペーシングの基本
  Off.の最終形
  深く入る強いドライブ
  ペイントアタック時に両コーナーにポジショニング
  ボールサイドと逆側にパス
  ボールを持っていない選手のスペーシング
  約5m間隔
  ペイントアタック後のスペーシングの基本
 ・ペリミーターでのパスについて
  早くワンハンドプッシュパスを出す
  パスの姿勢と判断練習
 ・スペーシングの基本原則
  お互いの距離を5mぐらいに保つ
  Off.が有効に使えるスペースはDef.の1.5倍
  スペーシングを無視してパス練習を行うリスク
  スペースを潰してしまう
  Def.にとっての脅威は「ピック」
  基本原則
  ペイントに侵入
  互いのスペースを保つ
  良いスペースで待つ
■Drill ドリブルからの対面パス
 ・対面パス 2ドリブル+2ステップ
      受け手 1ステップの瞬間に合図
 ・対面パス 2ドリブル+2ステップ+負荷
      受け手の合図でパスの判断
      トップスピード
      いつでも止まれるスピードを覚える
■Drill ドリブルからの判断
 ・ドリブルからの判断(1)
  パス&シュートの判断
  ウイングはミドルレイアップ 受け手はローポスト
 ・ドリブルからの判断(2)
  パス&シュートの判断+リロケート
  ドライブしてパスしたらリロケートしてリバウンドへ
 ・ドリブルからの判断(3)
  パス&シュートの判断+リロケート+サークルムーブ
  受け手はドライブの方向で動く方向を判断
 ・ドリブルからの判断(4)
  パス&シュートの判断+ローポスト2人
 ・ドリブルからの判断(5)
  動く人を見て判断+ローポスト+ウイング
  判断ミスでプレーを止めない習慣づけ
 ・ドリブルからの判断(6)
  動く人を見て判断+ローポスト+ウイング+ガード
  マークマンのあがった腕の方向にドライブ
  1ステップで3人のパートナーからのサインで判断
■Drill マークマンをかわす
 ・マークマンをかわす 2対2ダミーDef.
  ダミーの設定:案山子の魔法(1)-(2)
  ガード2人にそれぞれマークマン
  ボールマンは条件に合わせてパス
  パートナーも条件に合わせて動く
 ・Conclusion
  シンプルなドリルも「見て選ぶ」要素を入れていけばオープンスキルの練習になる