鈴木良和のバスケットボール指導映像教材新シリーズ 『パス』編がアップデートしました。

バスケットボールの技術や指導を、体系的に、さらにビジネス理論をベースに再構築してお届けする座学《Yoshikaz-Faith》。
その映像に、練習やドリルの実技映像を適宜加えて編集されたのが「今よりもっとうまくさせたい」シリーズです。





「ヨーロッパを中心とする最新の情報、ゲームの分析によって、パスの認識を新たにした」

『パス』編最終章に向けて、パスを改めて定義するところから始めます。

VOL. 11 パスを再定義する 本編 51’22”

Yoshikaz – Faithとは・・・・・
鈴木良和氏が講師を務める、2008年から始まった年間にわたって展開するラーニングコースの名称です。
Faithは「信念、信条、信義、約束」を意味し、鈴木良和氏が指導にあたって信ずる「原理原則」を体系的に整理するとともに、実践現場での効果を確認し、現場に則した形で落とし込んでいきます。







目次


■パスを取りあげる意味
 ・なぜパスを取りあげるのか
     フル代表にお手伝いに行っている目的
        アンネセサリーヘルプ
■ことばの定義について
 ・ことばの定義について考える
     修正と是正
     ことばの定義が大事である
       イチローの考えるバッティング
 ・良いパスとはなにか
     パスの速さ:ボールの速度
 ・「速さ」の定義
     判断してからボールが味方に届くまでの「速さ」
       技術を練習することはできないことができるようになる過程
       技術の上質さを再定義することが大事
■「勝利の原則」から考える
 ・「勝利の原則」から考える
 ・得点期待値で考える
       得点期待値:シュート1本あたり何得点が期待できるか
     5番プレーヤーの役割の変化
・オフェンスの目的
     期待値の高いシュートを狙う
     ロングクローズアウトを生みだす
・ポジショニング
        人が動きすぎると、負荷があがりすぎる
     Def.が動いてできるチャンスを利用する
■より重視されるようになった技術
 ・より重視されるようになった技術
・ワンハンド・プッシュパス
       パスを両手で処理しないで片手で処理する
・オーバーヘッドパス
       バックスピンではなくトップスピン
    瞬時にポジション移行できる
       オーバーヘッドパスポジション
 ・ショルダーパス
      ノーモーションでパス
・日本人の強み
■Drill 上質なパスのファンダメンタル
 ・片手で対面パス
     正確さと速さを追求する
       片手で対面パス(1) キャッチしてそのままパス
       片手で対面パス(2) ドリブルからそのままパス
       片手で対面パス(3) フロントチェンジして逆の手でパス
       片手で対面パス(4) ワンドリしてさがりそこからパス
       片手で対面パス(5)ワンドリして横に移動してパス
   ※上記のドリルを2ボールで
・タップで対面パス
     両手パス
     片手パス
■Drill オーバーヘッドパス
 ・オーバーヘッドパス 2人組
     トップスピン
     ノーステップで
     両足着地して
 ・オーバーヘッドパス 2対2
     2人ウイング
     受けたOff.は1対1
    Def.がポジションミス 自分で1対1