ERUTLUC モデルプレーヤー プロジェクト

2020モデルプレイヤープロジェクト始動!!

毎年行われているモデルプレイヤープロジェクトでは、なりうる最高の自分になることを目指すモデルプレイヤーに向けて私たちエルトラック指導員が各種ワークアウトを提供したり、各地のスクールにモデルプレイヤーとして参加してもらう中で子ども達と全力でバスケットボールに向き合うといった取り組みをしてきました。


しかし今年度はBリーグの開幕も危ぶまれ、バスケットボールをすることさえ難しい状況に陥り、オフシーズンにワークアウトを行うこと、子ども達とバスケットボールをすることは叶いませんでした。

髙畠佳介選手スクール参加

そこで、毎年のようには行きませんがエルトラックモデルプレイヤーとして子ども達へなりうる最高の自分になるためにできることはあると考え、今年は髙畠選手から多くのメッセージが届きました。

Bリーグ開幕も決定して毎日ハードワークに臨み、どんな状況でもどんな環境でもなりうる最高の自分になるために行動し続ける髙畠選手のメッセージをお届けします。

プロ選手を目指す選手達へ

「行動すること」の積み上げがプロへの近道
▼メッセージ動画▼

高畠佳介選手がプロのバスケットボール選手を本格的に目指し始めたのは大学2年生。

小さい頃からプロを目指していたが、髙畠選手がバスケットボールをしてきた環境はとても恵まれた環境というわけではありませんでした。

強豪校と呼ばれる学校には所属せず、どこも無名の学校であり、髙畠選手自身も無名の選手だったのです。


しかし、大学2年生の頃にプロ選手を目指すと決意し、無名な自分だからこそプロ選手になる事に夢があることだと思い始めました。


そこから髙畠選手の夢は始まりました。

小学校時代

プロ選手たる身体を手に入れるために練習やトレーニングを四六時中行っていました。

練習やトレーニングをすること以外に、髙畠選手は恩師の先生を頼りに強豪校への練習に参加、自分の特技を磨くためにシュート指導において名高い日高先生のもとへ駆けつけシュート指導を何日間も受け、バスケットボールのことをもっと学ぶためにバスケットボールの家庭教師である鈴木良和コーチのもとへ習いに来たのです。

モデルプレイヤーとは

目的に向かうためのこの行動力が、髙畠選手をプロの道へ導いたのではないでしょうか。

練習やトレーニングに一生懸命取り組むことはもちろん大事。

しかし、プロになるためには自分で行動すること、上手くなるためには何をしたらいいのかというのを考えて自分がやりたい事を行動に起こして行くことが大事だと話してくれました。

自分が進みたい道はどこなのか、プロ選手になるためには何をすれば良いのかというのを思ったり言葉にするのは簡単ですが、実際に行動に起こして行くことでそれが結果につながって行くのでしょう。

プロを目指す中で常に自分にはまだまだ学ぶべきものがあると考え行動し、そしてたくさんの方にお世話になり、縁を大切してきた結果、今高畠選手は夢を叶えました。

そして次は自分が多くの人達、子ども達へ夢を与えるという立場に立っているのです。


『プロ選手になりたいという思いを心の中からしっかり行動にうつして、ただ思うだけじゃなくて行動にすることが大事なので行動にして自分を高めていって下さい。』

プロへの道

モデルプレイヤーとは

ERUTLUCモデルプレイヤーとは

ERUTLUCは『より多くの子ども達がなりうる最高の自分を目指せる環境を提供する』ことを理念にしている活動です。

「子ども達になりうる最高の自分を目指すとはどういうことなのかを知ってもらいたい。」

「実際にプロの世界で、なりうる最高の自分を目指す選手の姿はきっと子ども達に良い影響を与えてくれるはず。」

そんな思いでこのプロジェクトは始まりました。

このプロジェクトでERUTLUCが応援する選手は、有名選手やすでに実績がある選手ではありません。

中学や高校時代にチャンピオンになったわけでもなく、いまERUTLUCに参加している子どもたちと同じような境遇から、『なりうる最高の自分』を目指してベストを尽くしている選手をサポートするというプロジェクトです。

ライン