line

2022/1/11

 意味 

トップでビッグマンがボールを持った際に、ウイングとコーナーにペリメーターが2名いるスペーシングで、ウイングの選手がバックカットを行いコーナーの選手がリフトをしてチャンスを作ろうとするアクションのこと。バックカットが効果的ではない場合はウイングの選手はコーナーの選手にダウンスクリーンをセットするという選択肢もある。

 カテゴリ 

スクリーンプレー

コンビネーションオフェンス

 関連 

クロスコートスクリーン

レイカーカット

■注意書き■
ここで取り扱っている用語とその意味は、(株)ERUTLUCがターミノロジーとして使用しているものです。
一般的な意味と差異のある場合がございますのでご注意ください。

バスケットボールの用語を検索できます。