バスケットボールの家庭教師

powered by ERUTLUC

海外プロジェクト ギャノン・ベイカーキャンプ2017レポート

2017年5月12日

圧倒的な影響力を持つプロスキルコーチ

2017年5月2日(火)~5月7日(日)に今回で3度目となるギャノン・ベイカーキャンプを開催しました。アメリカよりギャノン・ベイカー氏をお招きして、東京都、埼玉県、千葉県、愛知県の計5箇所でキャンプが行われました!!
ギャノン氏が持つとてつもないエネルギーと情熱を身近で感じられるキャンプとなりました。そして、今回のキャンプのなかで日本の子供たち、指導者の方々へ伝え続けた内容を皆さんにもご紹介していきます。
151A8621

GANON BAKER(ギャノン・ベイカー)とは?

アメリカ国内でプロフェッショナルスキルコーチのパイオニア的存在であり、現在も第一人者として世界各国でクリニックを行い、ジュニアプレーヤーからNBA選手に至るまで幅広くトレーニング活動を行っている。彼のリーダーシップ・バスケットへの情熱・カリスマ性は多くの人々を魅了し、NBA選手らが開催するキャンプにもゲストコーチとして呼ばれるなど多大なる信頼を得ている。

□共に仕事をしているNBA選手
カイリー・アービング、ケビン・デュラント、レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビス、コービー・ブライアントなど

練習をしていく上で大事にしてほしいこと

最高の自分をイメージしよう!
ギャノン氏は日本の子どもたちに「良いイメージを持ってプレイしてほしい」と伝えていた。身体は考えていることや思っていること、感じているものを素直に表現する。だからこそ、見たものを良いイメージのまま、コートの中で表現してほしい。決して、自分にはできない、やれないとは思わないことだ。それが自分の成長の邪魔をする。できなくても失敗してもいい。自分の良いイメージに近づくために練習をしよう!

コートの中でメロディを奏でよう!
パートナーがやっている時は、そのパートナーが全力で取り組めるようにたくさんの声がけや、拍手で盛り上げよう。良い練習をした後はお互いに自然とハイタッチをするだろう!盛り上げてくれるパートナーがいることで、いつも以上の能力を発揮しやすくなるだろう。そして全員が盛り上がっている時の声や拍手、ハイタッチなどのたくさん音が重なり合い、コートの中で一つの音楽を奏でることになるだろう!自分たちがより成長できる空間を創りだそう!

tsyatu

汗の量はたくさんかいているか
練習を常に全力で行えば自然と大量の汗が出るはずだ!この中で誰が一番汗をかいているか。ハンドリングは誰もがコントロールできるはずだ。その中でも、自分の限界を超えるようにしていれば、運動量も上がり、代謝も上がる。クールに練習する必要は全くない。練習は自分を更に高めるために行おう!
練習で自分が気持ちよくできる範囲の練習ではなく、失敗しそうでも失敗しないくらいの「より強く、より速く」を意識して全力で取り組もう!

できないこともチャレンジし続けよう!
ギャノンさんもできない事や苦手なことがあったそうです。それでもあきらめずに練習してきたそうです。ハンドリング能力の向上やスピード、クイックネスを上げることやフィジカルトレーニングも行いました!その中で、練習し続けたことでできたことがあるので皆さんにご紹介します。その一つがボール4つの上にそれぞれ手と足を乗せた状態で腕立てをする事です。最初はできなくても、やり続けることでできるようになりました。ぜひ、皆さんにもできるまであきらめずに続けていってほしい。
GBボール4

自分に負けないメンタルを身につけよう
練習の終わりには、NBA選手とも行っている「8分間床に足をつけないトレーニング」を必ず行っていました。ギャノンさんと終わるまで足をつけないでやりきるルールの元、身体の中心となる体幹部分を集中的にトレーニングしました。肉体的にとてもハードなため、動きを止めたい、足をつけたいと思う選手もたくさんいたと思います。ですが、最初に決めた足をつけないでやりきるルールを守り通そうとする選手がたくさんいました。終わった後は、選手もコーチもやりきったという達成感に満ちた表情と周りの選手と自然とハイタッチをしていた選手もいました。とてもハードなことでも自分自身がやりきろうとすることと、一緒にやる仲間がいることでやりきることができます。

今回のキャンプでは、どれだけの情熱をもってバスケットボールに取り組むべきなのか。また練習からどれほど多くのエネルギーを出していくべきなのか、そういった事をギャノン氏の姿から学んでもらえたのではないでしょうか。
前回のキャンプに引き続きギャノン氏の溢れるエネルギーが参加された選手や保護者の方、コーチの方々に感じて頂けたと思います。また、このような機会を日本の子どもたちや保護者、熱意あるコーチの皆様方に提供してまいります。

ギャノン・ベイカー氏より今回のキャンプについてのコメントを頂きました!

GB97
151A8814
151A86962
151A8820
151A8664
151A8657
151A8737 – コピー
151A8742
151A8809
151A8561
GB94
GB93
GB95
GB96
IMG_6021
GB
GB98



NPO法人 スポーツ指導者支援協会 SPORTIF SUPPORT
写真提供:ALL SPORTS community
新・HIGEさんのスポーツ救命救急
日本海洋建設バナー